そーゆーとこツボなのさ

終日もう君に夢中

関ジャニ∞の歌声分析

再来週に27時間テレビがいよいよ放送となりますが、容量が足りず番組の編集に追われております


というわけで久しぶりに関ジャムのコーラス特集回を編集しながらGR8ESTのセトリをひたすら家で流していました

その中でゲストさんがおっしゃっていたのは、アーティストによってもちろん声は変えるし、少し後ろ気味で歌うようにするということ


この前に出る声と後ろに引く声、分かりやすく言うと渋谷さんが前で錦戸さんが後ろなんじゃないかな?と思いました


ゲストさんは郷ひろみさんが前の声だとおっしゃっていたのですが、残念ながら後ろの声が誰だったかというのは失念してしまいました


でもこれで歌声分析したら面白そうだなーと思ったので自分なりに前の声と後ろの声の特徴をまずまとめてみました


(注)小学校でピアノ、中高で吹奏楽をやっていただけのほぼ素人の意見ですので詳しいことは知りません


前の声

感触としてはザラザラしていて、特徴的

温かみがあるが、激しい曲にも合う


後ろの声

冷たいイメージもあるが、優しい歌い方にもなる

自分よりも前の声の人と一緒に歌うと紛れてしまう

EDMや加工と相性がいい

究極の後ろの声は初音ミクとかボーカロイドになってくるのかな?と



ここから渋谷さん含めた関ジャニ∞のメンバーの声を前→後ろの順に並べてまとめてみたいと思います



渋谷すばる

ダントツで前の声で、リードボーカルが向いてるというよりはリードボーカルしか出来ないようなタイプ

関ジャニ∞に生演奏の楽曲が多く、打ち込み系が少なかったのはこの人がいるからかな?と思う

この人の声が今までの関ジャニ∞の楽曲の方向性にかなり影響している気がする

失恋系でも明るいテイストの曲が多かったのも、声が明るいから励ましたり応援したりする曲と恐らく相性が良い

ソロ曲も「Revolver」などの激しいバンドサウンドか温かみのある「あ」

また卒業回で挙げられていた絢香の「虹色」などに向いている気がする

ただ万能型というよりは曲との相性が出やすいタイプかな?と

丸山さんを渋谷さんがハモるパートが確か「夏の恋人」にあったんですけど、私完全に渋谷さんのパートだとはじめ思ったんです

ハモろうが主メロ歌おうが良い意味でも悪い意味でも前に出てくる声なんだと思います



大倉忠義

ジャニーズメドレーやカウコンで大人数で歌っていても大倉さんの声が聞こえてくることは多い

また、LIFEやツブサニコイなどバンド曲でソロでサビを歌うことも多いのは結構ガツンと来るタイプの声だからかな?と

私どうしても「I to U」の丸山さんパートで大倉さん下ハモのところが気持ち悪く聞こえてたんですけど、多分音程というよりは、丸山さんの声より大倉さんの声の方が前に出るからだと思う

丸山さんの下ハモが優しく下から包み込む感じだとしたら、大倉さんは主メロ歌ってる人と平行で走ってるイメージ



村上信五

村上さんの声ってかなり目立つ声だと思うんですけど、サビでユニゾンとなると結構聞き取りにくいんですね

多分これは村上さんが無意識に渋谷さんの歌い方に寄ってるのと、渋谷さんより少し後ろの声だからだと思う

あと声に関して言うなら、この人音域がめちゃくちゃ広い

美輪さんが現在も2オクターブ声が出るとおっしゃってたんですけど、村上さんに関しては1曲の中で2オクターブ出すから怖い

「Dear...」のAメロってファン同士でのカラオケ泣かせの低さなんですけど、愛を育てよう♪の部分では女性でも若干しんどいくらいの高さになってるっていう驚異の音域、それに加えてたまにコントロールが出来てない部分があるもののピッチの当て方が上手い

しかもJr.時代の鳥の声と呼ばれてた村上さんの悲鳴なんかホイッスルボイスの域で耳も良いですし、この人多分ちゃんとしたボイトレ受けたら凄いことになる

ただハモりに関しては渋谷さんと同じく、ピッチよりは前に出てきてしまうことの方が問題なんだと思います

大倉さんみたいなオクターブ下のハモりだとどうしても高い声の方が目立つので大丈夫なんですけど、村上さん結構声が高いのでそれも難しそうですし



横山裕

この人多分7人の中で声が一番特徴的なんじゃないかな?

甘いどころか甘ったるい声なんですけど、自己プロデュース力がすごいなぁーと心底思います

ソロ曲の「WONDER BOY」とか、あとは「クルトン」「ぱんぱんだ」「kicyu」などなど、癖が強くて馴染みにくい声なのに、それが活かされる曲が多い

気になるのはピッチかなぁ…

男性って音程をコントロールするのが苦手な人が多いので普通の人に比べたら全然上手いと思うんですけど、やっぱり音が当たってないのが気になる



ここまでが前の声かな?



錦戸亮

確かに錦戸さんの声は特徴的ではあるんですけど、かなり後ろな気がします

渋谷さんが前傾姿勢なのに対し、頭を引くようにして歌う歌い方も関係するのかな?と

でも後ろしか出せないと言うよりは、出そうと思えば前の声も出せる感じだと思います

分かりやすいのはコンサートなどで盛り上がったときにファンを狙って歌うときに、渋谷さんは喋るような叫ぶような感じで歌うのに対して、錦戸さんはどちらかというと囁くように歌うとこですかね?

あとは下ハモが多いのも、音程のコントロールはもちろんですけど、後ろの声だからかなー?と思います

後ろで歌うのに対して声自体の特徴はハスキーなのでザラザラとした温かい、または激しい声に聞こえるので、中々珍しいタイプな気がします


後ろの声っていうのはいわゆるイケボなんですよね、男性的なセクシーさがあるといいますか

これから紹介する安田さん丸山さん含め3人は顔はもちろん声がイケメンだと思います


安田章大

安田さんをどこに入れるかすごい迷ったんですけど、地声は後ろかな?と思ったので6番目です

そういえば渋谷さん大倉さん村上さんは歌うときに前傾姿勢になるイメージがありますよね

それに対してそれ以外の4人は真っ直ぐ立って歌うことが多い気がします

多分「オモイダマ」とか「青春のすべて」とかそういう7人で並んで歌う曲を見て貰えば姿勢が違うことがわかると思います

 

さてさて、話が逸れましたが、どうして安田さん悩んだかといいますと曲によって変わるんですよ

確かコーラス特集の回の雑誌か本編かで安田さんが錦戸さんをハモるときと丸山さんをハモる時で使い分けてるとおっしゃっていたので、本人も前の声と後ろの声というものを自覚してコントロールしてるんだと思います

後ろの声で歌うときも前の声で歌うときもザラザラとした温かい声だとは思います

アイライロ」といい「わたし鏡」といい、アコギが似合う声ですね

関ジャニ∞ってアイドルにしてはかなり特徴の強い声の人が多いんですけど、横山さん丸山さん以外のメンバーが明るい温かい声なので統一感があるんだと思います



丸山隆平

丸山さんのハモリって誰とでも合う声だと思うんですよ

癖の強い声が多い関ジャニ∞の歌の潤滑剤みたいなイメージですかね?

安田さんと丸山さんは歌を数値に表して点数を出すとしたらかなりの高得点を叩き出すと思います

それにピッチがすごくいい

聞いてて気持ちいいし、メンバーが丸山さんに音程の確認をしてもらってるところもメイキングに映ってるほどピッチの良さはプロの歌手と比べても遜色ないと思います

後ろの声であることに加えて音程がバッチリ合うので、どんな声の人をハモっても相性が良いんですね

あと他のメンバーの明るい声に対して、丸山さんの声は良い意味で暗い声だと思います

EDMで失恋ソングの「Sorry Sorry Love」とか、スローテンポの失恋ソング「マイナス100度の恋」、同じく「冬恋」でソロのサビを任されてるのも丸山さんの声だからこそな気がします

丸山さんってモノマネも結構得意じゃないですか、あれって多分声にあまり特徴がないのと耳が良いからだと思うんですよ

自担は村上さんですけど、一番好きな声は丸山さんなんですよねー

丸山さんに冬ソング歌ってほしい



7人分なんとか書き終わりました

渋谷さんがかなり突出して前に出る声だったので6人になったことで良い意味でも悪い意味でも、関ジャニ∞の歌声はまとまりのあるものになったと思うんですよね

でも他のグループを見ていてもかなり歌に関してはレベルの高いメンバーが集まってると思うので成るように成ると思っています


シングルはもう再来週発売ですから、私は6人でのアルバムがどんなものになるのか楽しみにしてます!





関ジャニ∞が気になり始めた人にオススメする村上信五

私のひとつ大きな目標は日本中の人にヒナちゃんの可愛さを分かって欲しい、というものなのですが、そういえばこのブログで一度もヒナちゃんの可愛さを語ったことがありませんでした


というわけで前置きはできるだけ短く、今から村上信五の沼ポイントを語っていきたいと思います


見た目と中身に分けて書いていこうと思うんですけど、その前にあだ名編

基本は「村上くん」など上の名前で呼ばれることが多いですが、丸山さん大倉さん安田さん、他にも小栗旬さんや鈴木亮平さんなどからは「信ちゃん」と呼ばれています

他にも年上の方からは「信五くん」「信五ちゃん」だったりするんですけど、特殊なあだ名がひとつありまして

主に黄金期の嵐のメンバーや横山さん渋谷さんタキツバ等錚々たるメンツから呼ばれてるあだ名が「ヒナちゃん」「ヒナ」

村上信五にひとつもかすってないあだ名ですが、由来は当時人気グラビアアイドルで現在もテレビにちょくちょく出演している雛形あきこさんのあだ名、ヒナちゃんを取ったものです

理由は目が似ていたから、ということで名付け親が元ジャニーズJr.でヒナちゃんと仲の良かった田中純弥くんが呼び始めたそうです

ちなみに当時横山さんは「ポチ」と呼びたいと言ってたり、八重歯の「やえちゃん」というあだ名もあったとかなかったとか…

あとは泣き虫ヒナちゃんと言われていたくらいあって、今も昔も涙もろかったりします

(今でもイジられたり恥ずかしかったりするとすぐ涙目に)


<見た目>

・目

とにかくヒナちゃんの魅力はここに詰まってると言っても過言ではない、大きくて水分量の多いくりんとした愛らしい、時に色っぽい目

「ヒナの目はトイプーの次に可愛い」by横山裕

ということで、とりあえず見りゃ分かるから

f:id:m1i1y2u0:20180817174839j:plain

まずね、まつげが長いんですよ

まるでアイラインを引いてるような目尻にかけて長くなるまつげ、そして左目の形がエロいんですよー

f:id:m1i1y2u0:20180817175001j:plain

この左目の目尻にうっすらスッと天然のアイラインが入ってるのわかります?

特に右下の写真とか見て貰えば分かりやすいと思うんですけど


ちなみにヒナちゃんの目って左より右のほうがほんの少し大きいんですけど、実はこれ色っぽく見えるバランスだと言われてるんですよね

きゅっと閉じた切開ラインも絶妙な色気があるし、可愛いだけじゃないのがヒナちゃんの目の最高なところ


そして涙袋がとてつもなく大きい!

まぶたも比較的分厚い!

このぷっくりした目の周りが愛らしさを演出してるんですよね


平行二重って特に歳をとると、どうしても濃いとか彫りが深い印象になってしまうんですけど、ヒナちゃんの平行二重はまぶたが厚いことによって可愛らしい感じになってるんですよ


そして黒目が大きい

人間の黒目の大きさって意外と個体差が大きくて、ヒナちゃんはまぶたによって黒目の上も下も隠れてるんです

つまり四白眼の真逆ですね

これがぽやぽやしてると言われる所以


もう一つ、ヒナちゃんって実は内斜視でして、まっすぐ見たときに微妙に黒目が内を向くタイプの斜視なんですけど、内斜視って可愛いと言われてる女性アイドルとかグラビアアイドルに多いとされていて、焦点がほんの少しだけズレてる感じによって可愛らしさ、守ってあげたくなる感、そしてエロさが出るんです


・鼻

ヒナちゃんって鼻筋がしっかり通ってるから普通ならカッコいいとかキリッとした感じになるんですけど、鼻の形が団子鼻とかいうほどでもないけど丸くて、上を向いてるんですよ

だから犬っぽい顔になるというか、小動物顔たる所以はここにあります

f:id:m1i1y2u0:20180817180145j:plain

なんせ鼻の形が綺麗だから横顔も綺麗なところが最高ですね

ヒナちゃんの横顔は美人すぎてよく驚かされます

f:id:m1i1y2u0:20180817180318j:plain

正面から見た顔が可愛い人は芸能界に山ほどいますけど、横顔まで可愛い人は珍しいと思います


・口

ヒナちゃんといえば超がつくほどのアヒル口

真顔でも上を向いた口角と、分厚い下唇

f:id:m1i1y2u0:20180817180559j:plain

上唇より下唇の方が厚い人は印象として甘えただったりエロく見えたりするらしいっす


そして、本人曰くチャームポイントの八重歯、ではなく私は前歯推しです

気を抜いたときに口がぽかーんと開いてるところから見えるのが2本のうさぎっ歯f:id:m1i1y2u0:20180817180915p:plain

f:id:m1i1y2u0:20180817181008j:plain

もちろん笑ったときに見える八重歯も本人の言う通り可愛いんですけどね

f:id:m1i1y2u0:20180817181228j:plain

笑顔が左右対象なところも最高ポイントです

人間って心から笑うと笑顔が左右非対称になると言われているんですけど、ヒナちゃんってほぼ完全に左右対象な笑顔を浮かべるんですね

やっぱり肩頬あげる笑い方って意地悪そうとかバカにしてるっぽいとかいう印象を受けるんですけど、ヒナちゃんって本当に子どもみたいなピュアな笑顔を浮かべるというか、そこが最高なんです

f:id:m1i1y2u0:20180817181114j:plain

ちなみにこの歯を見せる時のヒナちゃんの表情がアホっぽくて好きです


・顔の総括

美人でエッチで可愛く愛らしいヒナちゃんの顔が最高です、癒されます

ちなみにヒナちゃんって年齢によって顔の印象がかなり変わる人なんですけど、今現在は顔のラインが逆三角形から加齢によって卵型に変わって、美人度が増してる時期なのでそこらへんも見てて楽しい


・二の腕

ヒナちゃんって華奢なのに二の腕がむっちりしてて最高なんです

f:id:m1i1y2u0:20180817182420j:plain

あぁ、触りたい、撫で回したい


・胴体

まずヒナちゃんの肩幅の狭さ、肩の骨の小ささ、突き出した胸とくびれたウエス

f:id:m1i1y2u0:20180817183653j:plain

f:id:m1i1y2u0:20180817181921j:plain

断面図としてはこんな感じなんで、Tシャツを着ると一見幼児体型に見える

f:id:m1i1y2u0:20180817183740j:plain

しかし、脱げばとにかく腰が細い

f:id:m1i1y2u0:20180817182127j:plain

普通男にくびれはないんですけど、ヒナちゃんは腰骨がしっかりしてるので、そことの横幅の差によってウエストがくびれてるように見える錯覚です


・お尻

とにかく華奢なのにお尻が大きい

丸くてむちっとしてキュッと締まってて魅惑のお尻

体の細さに対してお尻が大きいところがポイントです

f:id:m1i1y2u0:20180817182551j:plain

f:id:m1i1y2u0:20180817182627j:plain

f:id:m1i1y2u0:20180817182708j:plain

あー、最高っすね

これ以上語ると変態になりそうなのでやめておきます

ちなみに私のカメラロールには「お尻」フォルダがあります


・脚

脚もまた最高なんですよー

細くて華奢なんですけど、良い感じに筋肉がついててバランスのいい脚


そして長い!!

5メートルあるとして有名なヒナちゃんの脚

f:id:m1i1y2u0:20180817183025j:plain

f:id:m1i1y2u0:20180817183401j:plain

フットサルによって鍛えられた太ももとお尻

長いだけ、細いだけじゃないバランスのいい芸術品です

f:id:m1i1y2u0:20180817183251j:plain


・内もも

f:id:m1i1y2u0:20180817183528j:plain

ムチムチ柔らかそうな内ももを見るとしゃぶりつきたい衝動に駆られます


・手

f:id:m1i1y2u0:20180817184000j:plain

f:id:m1i1y2u0:20180817184044j:plain

細い手首、細長い指、大きな手、そして恐らく処理してるのか毛が生えてなくてツルツルなんですよ

最高っすよね、撫で回したい


・体総括

あんまり体のパーツのことを話しすぎると、変態っぽくなってしまうんだなーってことに気づきました

とにかく最高のバランスボディは魅力的で触りたくなってしまうのは仕方ないですね



<スペック>

・歌

ヒナちゃんって歌が下手とか言われがちだし、恐らく自分でも上手いとは思ってないみたいなんですけど、ここ最近の伸びがすごい!

ヒナちゃんの声量って関ジャニ∞の中でも安田さんと並んでトップなんですよね

だから目立たないけど、サビで大きな役割を担ってるんです


まず聞いてみて欲しいのはアルバム「ジャム」収録DONAIのソロパート

高音の伸びとパンチの効き方と独特の掠れ方がいい味だしてるし、ラップの成長っぷりが半端ない


次にシングル「応答セヨ」収録のカップリング曲、コーヒーブレイクのソロパート

ヒナちゃんの実力が最も発揮される優しい歌い方で、声が持つ明るい性質が最高に活かされてます

そして表題曲である応答セヨでは、2番Aメロの表現力もさることながら、サビに注目して欲しい

最初あまりにも歌が上達しすぎてて丸山さんのパートだと思った、ごめん


実は2回繰り返すサビの中で2回目のみヒナちゃんは歌っていますが、関ジャニ∞の歌を管楽器アンサンブルに例えると、1回目はトランペットっぽい渋谷さんの声1人分でサビの主メロを担ってるんですけど、ヒナちゃんはそこにトランペット2本目が加わったくらいの力強さがあるんですよね

7人の管楽アンサンブルでトランペットが1人増えるってめちゃくちゃ変わるんですよ

それが6人なら言うまでもありません

宇宙に行ったライオンもかなりヒナちゃんの声がサビを支えてるんですけど、2017年の成長っぷりが半端ないので応答セヨの方を挙げました


あと最近ピッチの合い方がすごいんですよ

ヒナちゃんって元々声のコントロールがイマイチだったんですけど、耳がいいんですよね

テレビジョンの歌声評論でもヒナちゃんは「ご自身は歌は苦手だとおっしゃっているようですが、耳は悪くないと思います」と言われています

私も吹奏楽部でしたが、音楽やるとなると、ある程度歌声とかは矯正できるんですけど、耳が悪いとどうしようもない

これからも間違いなく伸びるであろうヒナちゃんの歌に期待です


・キーボード

ヒナちゃんがキーボードを始めたのは関ジャニ∞に入ってからしばらく経ったあとですが、相当上達しました

特に応答セヨの伸びっぷりにはビックリ

耳がいいと言うのは前述の通りですが、それに加えてリズム感があるんですよ

バラエティのトークなんてのはリズム感がないと厳しいところがありますし、全くの未経験から始めたのに加えて緊張しいな性格から実力の差はあったものの、良い耳とリズム感があれば上達しないわけはありません


あの可愛い顔でピアノってとこが最高


ちなみに弾き終えた後に猫の手をするところがあざとすぎて好き



・ダンス

ヒナちゃんのダンスを語らずしてヒナちゃんの魅力を語ることはできない

とにかく腰と膝と首の動きが柔軟で可動域が広く、エロくて可愛くて女性的なダンスが得意

指先の動きはしなやかで一本一本に命が宿ってるかのような美しい動き

関ジャニ∞の中でもダンスのレベルはトップと言っても過言ではない上に、ダンスが売りのアイドルグループに放り込んでも見劣りしません

ツイッターで探せば動画が出てくるので、ぜひ「関ジャム ねぇ」と「モー娘。 関ジャム セッション」で検索してみてください

私がヒナちゃんのダンスについて語ってる私のブログはこちらです↓

『今更ぶらっこーないっ』

http://kibi.hatenablog.com/entry/2018/06/20/171913

『ダンス分析』

http://kibi.hatenablog.com/entry/2017/08/09/171734


<性格など>

ん?村上信五銭ゲバでガサツでポジティブで外交的?


おいおい、本当にそんなこと信じてるのかい?

大体上のイメージはY山とMツコが勝手に作り上げたものでして、実際のヒナちゃんはちがーーーーう!!!!


関ジャニ∞のベストギャップは?という質問に対する丸山さんの答えがこちら

「村上くん。世間のイメージはお金とかどんな人にも合わせられるとかツッコミとかしっかりしてるとかちゃう?オレ的には、そんなイメージではないねん。子どもというか無邪気なイメージが強い。それほどお金に興味があるわけでもないやろうし、計算高くもないしな。」

f:id:m1i1y2u0:20180817191324j:plain


そうなんです、ちなみに丸山さんは一番心がピュアな人は?という質問に対して村上さんを選んでます


そして昔はインドア派で大人しいヒナちゃんが気を遣いすぎて誰からの誘いも断れなくなったのを横山さんが注意したこともあるくらい、他人に嫌われたくなくて気遣いと優しさが自己犠牲的に発揮されてしまうタイプ


・寂しがり屋のかまってちゃん

・自己犠牲的、奉仕タイプ

というのは村マヨの心理テストでも診断されてました


寂しがり屋エピソードは多数

「信ちゃんは寂しがり屋なところが可愛い。遊ぼうやー、ご飯行こうやー、って誘ってくるねん。(省略)  年上の人からしたら、めっちゃ可愛い人やと思う。もうひとつ、信ちゃんで可愛いと思う瞬間があって、あの人、楽屋でケータイとか (省略) 自分の持ち物をきっちり並べてんねん。それを見ると「あ、ここ信ちゃんおったんや」ってわかってしまうのがいい。」

「村上くんは意外と構ってほしがりかなあ。楽屋で膝の上に寝てきたり(笑)」

by大倉さん


几帳面で寂しがり屋で人との距離が異様に近いのがヒナちゃん


「村上くんは、究極の寂しがり屋」

by安田さん


他にも丸山さんに先に寝て欲しくないヒナちゃんのエピソードでは、

丸「自分が先寝なあかんねんもんな?」

村「むっちゃ寂しいねん」

丸「寝さしてえや先に」

村「いややぁー、あかん!あかんよ!」

丸(笑)

村「もう、なんかあの孤独感が嫌やねん」

(中略)

大倉「俺絶対先寝ちゃうから、なんかされんねん!ちょっかい」

(中略)

村「ほんまに嫌やったら怒って?」

丸「うん。…いや、怒ったら逆ギレされるからあかん」

村「せえへんわ!」

丸「なんで怒んのぉ?って自分がちょっと弱い立場になんねん」

村(笑)

丸「俺がやめてや言うたら…(沈黙)って」

安「寂しそうな顔すんねやろ?分かるわぁ」

丸「わかったわかった、ごめんなぁ?って、なるんですよー」


大山田に甘えるヒナちゃんは普段からよく目撃することができます

多分この3人はヒナちゃんが構ってちゃんを発揮してもいじったりせずに構ってくれるから安心して構って攻撃できるんだろうなーって思ってます


個人的な主観から見る他のメンバーとの関係性でも書いとく?(あくまで主観)


横山&村上

→横山さんが弟可愛さのあまり拗らせてコミュニケーションができなくなってる兄って感じ

横山さんの口癖は「天然出すなや!」


丸山&村上

丸山さんに対するヒナちゃんの猫っぷりがすごい

天邪鬼、天真爛漫、わがまま、甘えん坊、かと思えば丸山さんがヒナちゃんに結構厳しかったりヒナちゃんがいきなり丸山さんのお父さんみたいになったりするので謎

コロコロ上下関係が入れ替わる

ちなみに一時期一緒に住んでた


安田&村上

基本的に距離感がおかしい2人

ちなみにツッコミは安田、ボケは村上です

天然コンビとも言われてるけど天然のジャンルがちょっと違う

安田さんが村上さんのお世話をしてるシーンは結構目撃されていて、服をコーディネートしてあげたり、自分は飲まないコーヒーを横山さんを使って淹れさせて村上さんに与えたり、お腹いっぱいな村上さんにお菓子を何回も食べさせようとしたりと謎が多い

なぜか急に手を繋ぐことがある


錦戸&村上

お互い過保護

普段は錦戸さんをお世話する村上さんだが、時々錦戸さんの方が村上さんに対して過保護になる

英会話伝言ゲームを見てもらえば分かる

最近錦戸さんは歳を重ねて村上さんの良さが分かってきたらしい


大倉&村上

ただの飲み友達

メイキングでも気づいたら一緒にいる

村上さんは大倉さんの肩を手の置き場にしがちだし、急にお腹つまんで痛がるのを楽しむ

かと思えば大倉さんが本人を目の前に英語できない映像を肴に爆笑しながら酒を飲んだりするので、わりとどっちもどっち

ジャニ勉のスタッフからは、この2人には酒を与えておけばいいと思われている



まぁそんなかまってちゃんですが、かまって攻撃のやり方がめんどくさい

「怒っていいよ?」って言っときながら実際拒否すると何も言わずに寂しい顔をしてみたり

イフオアで紫色の服を着てない観客に対して「俺のファンちゃうんやろ?」と拗ねたり

自分だけユニットではなくソロだった公演の練習について会報で「1人やから寂しかった」と言ってみたり

コンサートのパンフレットで「他のメンバーのことを見てください」と言ってみたり


誰にでも愛されます、みたいな顔しといて構って攻撃のやり方が最高に回りくどくてめんどくさいところが良いですよね

若干ヤンデレ入ってるところも守りたくなっちゃう部分です


そして、真面目で努力家

どんな仕事に対しても一生懸命で、勧められた1000ページ近くある本を1年近くかけて読破したり、好かれる理由はここにもあります


あと忘れてはならない可愛いポイント

苦手なものは虫とお化けと辛いもの


どこぞのぶりっ子?というレベルですが、ぜひカブトが飛んだレコメンでビビって叫びまくるヒナちゃんとか、クモが苦手すぎてずっと渋い顔をしているクロニクル見て欲しいです

f:id:m1i1y2u0:20180818131155j:plain

カブトムシくらいでブースの外まで逃げる?と思ってしまいますが、それくらい全力で虫が怖いヒナちゃん可愛いなぁーって

虫のリアルなオモチャでヒナちゃんを驚かせた丸山さんとか、カブトムシを気づかれないように服につける横山さんとか、なんかあのリアクション見てたら驚かせたくなる気持ちも分かる


そして、お化けが苦手なヒナちゃん、マツコに自分の家が事故物件かどうか調べる?と聞かれて

「いや、もお調べない、もし知っちゃって怖いのがあったらぁ、あかんねん…」

とガチで怖がってたり


辛いのが苦手なやつは是非クロニクルのヒロミさんがゲストの回を見てください

蒙古タンメンを食べた後に辛すぎて水!ってなってる時にヒロミさんから劇すっぱウォーター飲まされて「ちがうっ!」って返しが絶妙な間だったり、オネエ風にリアクションしろという指令に泣きそうになりながら「もぉやだぁー」って本気で言ってたり全体的にヒナちゃんの面白可愛いが最大限発揮されてます


こう、ヒナちゃんのリアクションってオモチャみたいで見ていて飽きないんですよ


桐谷美玲さんとザキヤマさんゲストのクロニクルでは、廊下に落ちてきたボールを追いかける大倉さんをなぜか「うわぁぁー!」と言いながら追いかけるヒナちゃんも見れます


というわけで、寂しがり屋のかまってちゃんで若干アホでめんどくさいのにダンスが超絶得意で顔の可愛さが最強のちょっとエロい自担、超オススメだよ

ちなみにテレビのレギュラー番組が週6本あるので追いかけやすいというのもポイント


f:id:m1i1y2u0:20180818135339j:plain

オススメのDVDは関ジャニ's エイターテインメントとCOUNTDOWN LIVE 2009>>2010です


今更ぶらっこーないっ

先々日の地震大きかったですね

みなさん大丈夫でしたか?

私は発生当時、高槻市駅(震源地から100メートルくらい)に停車しようと減速し始めた電車の中にいたので、脱線したんじゃないかっつうくらいえぐい揺れ方をしたので死ぬかと思いました


まぁそんなわけで、高槻から離れてた自宅は無事だったのですが、高槻では水道が止まり電車の本数も減り、ということで突然の2日間の休みができました


ちょうどモー娘。ちゃんとのセッションがあったので、それを見返しながらなんとなくBlack of night(以下Bon)の関ジャムのやつをずっと見てたんですよ


そしたら、発売から半年以上経った今、なぜか私の中でブームが来てしまいまして、その魅力と安田さんの思惑を勝手に考察しようと思います



①踊り子ヒナちゃん

最初Bonを見たときの感想はヒナちゃんの歌割りがめっちゃ少ないなーだったんですよ

確か大倉さん横山さんヒナちゃんの3人で歌ってるひとつだけだったかな?

あと2番に一瞬ちょろっと歌ってる

あとは全員歌ってるところだけって感じで


だがしかし、何度か繰り返し見つつ他の人の動きも確認しているときにあることに気づいた


この曲でヒナちゃんの役割って「踊り子」や


主に大倉さん安田さんのダンスと見比べてたんですけど、6人の中でいえばツートップなその2人を置いて、ヒナちゃんの運動量が圧倒的に多いんですよ

特に丸山さんソロパートの時に丸山さんの斜め前でカメラに映してくださいとばかりに色っぽく舞うヒナちゃん、あれを踊り子と呼ばずしてなんと呼ぶ

f:id:m1i1y2u0:20180620165907j:plain

最初は「あー自担たまたま丸山さんの前の位置だからMVもコンサートも関ジャムでも毎回映されてるわラッキー」くらいに思ってたんですけど、これ違うわ

丸山さんのソロパートに贔屓目抜きにしてもヒナちゃんのダンスが完全に組み込まれてるわ


この時ヒナちゃんしか見てなかったから気づかなかったけど、他の4人のダンスとはヒナちゃんと大倉さんだけ微妙に違うんですよ

特にヒナちゃんの方が目立つ位置で目立つことしてる、その上主役である丸山さんには被らない動きをしてると来たらもう完全に丸山さんの一人舞台を引き立てる踊り子でしかないんですよ


しかも!衣装を見てもらうと、まぁこれはたまたまかもしれないんですけど、実はヒナちゃんの衣装だけ素材が違うんです

f:id:m1i1y2u0:20180620170127j:plain

(分かりやすい画像がなかった)

他6人はジャケットとか冬コートのような比較的しっかりした固めの素材のアウターを着てるんですけど、ヒナちゃんだけかなり柔らかい素材の薄いふわっとしたアウターを纏ってるんです

もちろん全員インナーはダンスが映えるようにひらひら系なんですけど、アウターがひらひら系なのはヒナちゃんだけで、そのアウターのおかげでダンスがめちゃくちゃ綺麗に見えるんですよ


ほんで見比べてみたらヒナちゃんの振り付けって特に大きく上下に動いたりターンしたりと布の動きが分かりやすくなるダンスが他のメンバーに比べて多いんです!


くぅーっ!そこまで考えてるとしたら安田さん最高やな!

まぁ考えすぎかも知らんけど




そして次の最高ポイントはこれに関連して、

②丸山さんの一人舞台withただよしんご


丸山さんのソロパートは


追いかけても叫んでも振り向かない

心に巻きつく罪のトゲ

もう何も感じない

覚めない夢で笑う君はまるで悪魔だ


のAメロのとこですね


このときの立ち位置が


     す                     安

亮             丸              横

    雛                      大


なんですけど、丸山さんのダンスってそもそもが演技してるっぽいというか、なんて言えばいいんだろう、役者っぽい?舞台っぽいダンスなんですよ

不敵な笑みを浮かべて、その表現力を余すことなく出しながら恐らくほとんどアドリブの振り付けで、かなり長めのソロパートを歌ってる間、ひらひらと舞うヒナちゃんと静で存在感を放つ大倉さん


丸山ダンサーズでおなじみの3人ですけど、丸山ダンサーズ本気出したらこんなことになんの!?って感じです!


丸山さん大倉さん村上さんのダンスユニット見たくなってきました

丸山さんが歌ってヒナちゃんダンスでもいいと思うんですよね

大倉さんは歌もダンスもやって、ってまぁ是非こういう感じのユニットをやってくれたら私は何の未練もありません


③立ち位置

これもさっきのと少し関連するんですけど、全体を通して夜な夜なの立ち位置がしっかり考えられてるんですよ!

夜な夜なこと大倉さん安田さん村上さんと言えば関ジャニ∞のダンス上手い人ですけど、その立ち位置を主に夜な夜なに視点を当てて細かく見ていくと…


1)イントロ 8×2

             丸

      亮          安

大                       雛

        横       す


まず丸山さんセンターのくらひなシンメですね


2)イントロ 8×2

          す

安      丸

横      亮

大      雛


先頭くらひなでシンメです


3)追いかけても〜

    す                     安

亮             丸              横

    雛                      大


同じく丸山さんセンターくらひなシンメ


4)もう何も〜

           す            安

       丸           亮

           横     大

                雛


続いてセンターが雛→大と移るダンス


5)サビ

亮    丸     横    雛

    安     す    大


渋谷さんセンターで安倉シンメ


6)暗闇のラビリンス〜

           雛    丸

              大

     す                横

亮                           安


大倉さんセンター


7)間奏

         雛

丸             横       亮

      安            大

              す


渋谷さんセンターで安倉シンメ

ところでこの立ち位置歪だと思いません?


DVDでも関ジャムでも確認してこの位置だったのでこれで間違いないと思うんですけど、本来丸横亮ラインにヒナちゃんが来た方が綺麗な立ち位置になると思うんですよ


で、この間奏の部分って当たり前ですけどダンス中心になるじゃないですか、この時のヒナちゃんめちゃめちゃハードに優雅に踊ってて、ひらひらしてるんですけど、それを狙ってたんじゃないかなーと勝手に妄想しました

f:id:m1i1y2u0:20180620170345j:plain


8)Cメロ

      丸 す

 雛           大

    横      亮

         安


満を持しての安田さんセンターでくらひなシンメ


9)大サビ

     横     安     亮

雛     丸     す       大


安田さんセンターくらひなシンメ


10)アウトロ

           す     丸 

       雛    安     大

横                           亮


安田さんセンターくらひなシンメ


もう気づきましたよね?


圧倒的ただよしんごのシンメ率

これによって何がいいかって、ダンスが揃って見えるんですよ!

関ジャニ∞のダンスの弱さは主に揃わない点にあって、それをセンターではなくシンメトリーの位置に安定のくらひなを配置することによって綺麗に見えるというマジック


最初は渋谷さん、そのあと安田さんをくらひなで挟むという点においてこの曲でどのメンバーをどの役割に持っていきたかったのかが分かります


おそらく安田さん自身はこの曲ではダンス担当ではなく歌担当としてこの曲を歌ってて、渋谷さんも然り、そして大倉さん村上さんをダンスに付けることによって全体のバランスを整える

その中でも特にヒナちゃんをダンスの方に重きを置かせるって感じですかね

最後のアウトロのところなんて完全に夜な夜なが中心になってまとめにかかってますから、安田さん的にも自分のグループのダンスがどの点で弱いか把握してたんじゃないでしょうか



④どんどん儚くなっていく自担

儚いダンスをさせたら日本一、は言い過ぎでも正直ジャニーズ1くらいにはなれるんじゃないかと思ってしまうくらいにダンスになると消えてしまいそうな自担(もちろん良い意味で)


関ジャムの放送が1/23でDVDに収録されてるオーラスが1/15なので時系列として

Music Clip → 関ジャム → オーラス

だとしておきましょう


最初のMVからヒナちゃん振り付けを微妙に変えてるんですよ


・Aメロくらよこひなのパートでターンする時に一人だけアウターの裾を持って広げる

f:id:m1i1y2u0:20180620170517j:plain

・Cメロ手を前に出すだけの振り付けが、自分の身体を抱きしめるように&すがりつくように変わる

f:id:m1i1y2u0:20180620170621j:plain

f:id:m1i1y2u0:20180620170646j:plain


服の素材を生かしたダンスに変わってて、儚さ増し増しすぎて、もうちょっとで透明になるんじゃないかってとこまで来てます


ていうか自担のダンスしか見てなかった状況で安田さんと大倉さんのダンス見たら思いのほか力強くて男らしくてビビりました

全員儚い系のダンスしてるんやと思ってた…

死ぬほど儚いのウチの自担だけやった…


(儚いに形容詞として死ぬほどをつけると縁起でもない感じになりますね、そういう意図ではなかったんですけど)


こうなってくると関ジャムのBon、なんで高画質で録ってなかったんだろうって後悔が出てくるので関ジャムさんは早くセッションBlu-rayボックスで出してください

(理由は当時関西圏で関ジャムが深夜3時からとかやったからなんやけどな)


久しぶりのダンス分析楽しかったです

また暇があったら他の曲分析できたらいいなぁ


自担のドールを作った話

いやぁー、昨日ついにお迎えしてきました

本当は午前中出かけてたので、そのついでにお迎えするつもりだったのですが、まさかの控えを忘れてしまうという大失態

f:id:m1i1y2u0:20180429085838j:plain

↑こいつがなければいくら身分証明書があろうとお迎えできないのです

 

というわけで、お金もカードも用意して、梅田でアイ用の接着剤も買っていたのに一旦家に帰ることに

 

急いで昼ご飯を掻きこんで家を飛び出し、自転車を全速力で漕ぎ、電車の中でソワソワしながら移動すること約30分

 

ボークス前恒例のやたら長い信号を待ちながら、私は不安でいっぱいでした

 

もし似てなかったら、5万以上払ったのを後悔することになったらと思うと怖い…

 

しかし私の足は勝手にボークスに向かい、7階までのエレベーターを待つ時間でさえ長く感じながら辿り着いた天使のすみか

 

今回の購入で、1000円の年会費を払えば2500ポイントほどが貯まる予定だったので、それで何を買おうかなぁと物色

パーカーが2000円ほどで売っていたのでこれにしよう、と心に決めてレジに向かうと運悪く店員さん2人とも接客中

 

どうやら中国から来た女の子2人組がまこちゃんというドールをお迎えしている模様

海外でもドールはありますが、ボークスはやっぱり人気らしいですね

フルチョイスじゃなければもう少し安い値段で買えるそうで

 

お迎えしたその子は箱を渡された瞬間、

「はわぁぁぁーー💕」

ってなってて可愛かったです

 

まぁそんなこんなで、自分のドールをお迎えする前に他人がお迎えしてるところを目撃しつつ、前に対応していただいたDAさんがいたので声を掛けました

 

「フルチョお迎えに来たのですが…」

 

ナチュラルにフルチョって略してしまったし、お迎えって言ってしまったし

でも言い訳するとジャニオタって普通にCDとか「お迎えする」って言うじゃないですか

だから一般的な人より無機物に対してお迎えという言葉を使うことに抵抗がないんですよね

 

さて、早速お目にかかれるのかと思いきや、まずはお会計だそうで、約55000円をお支払い

ついでに有料会員になった特典としてボークスニュースという雑誌を受け取る

ていうかこの分厚い雑誌が年に何冊も貰えるって1000円は安すぎない?

ananとかメンズノンノとかそういうレベルの分厚さでちょっとビビる

一冊だけでも1000円以上するでしょ??

JFCなんかうっすい会報年4冊で、コンサートチケットも当たるかわかんねえし、別にポイント貯まらねえし、まぁでもヒナちゃんに会えるんだから4000円は仕方ないか(金銭感覚の喪失)

 

話が長くなりました

 

会計を終えてようやくご対面

白い布団が乗っけられてて「ここからはオーナー様の手で」的なのがあると聞いていたのですが、私が会計を終えてレジ横に行った頃には、すでにお座りになっている…

 

え?そんなあっさりなの?もう顔見えてるけど?

 

と思いながら初対面

f:id:m1i1y2u0:20180429091454j:plain

これは家で撮った写真ですが、こんな感じで見せられました

涙袋すごいですよね!資料の写真と見比べてみたんですけど村上くんっぽいです!」

え、すでに見比べたの??と思いつつえらい調子に乗せてくれるけど、正直カツラもアイもない状態で見たって全然分からへん

「ほんとだ!涙袋すごいです!想像以上!」

とか言いつつも、目の下にグロスが入っていないことに気づく

なんというか、あんなに細かくオーダーしたのにそれほど指示通りになっていない…

 

「14mmのアイ付けてみたらさらに似てましたよ!」とサラッと言う店員さん

付けてみたの!?!?私より楽しんでるじゃん!?と思いながらオプションパーツの確認へ

 

ただこれ以上待つのもアレだし、涙袋気に入ってるからまぁいいや、ということに

 

「えー、手のパーツがこちらで、ウィッグがこれですね、そして付属品にry」

という感じで進んでいくのですが、

「それでこれがお迎えドレスの女の子用の下着になります」

と言われた瞬間、マジで死ぬほど恥ずかしかったです

 

推し(36歳男性)のドールを作って女物の下着を着けさせる性癖がバレる恥ずかしさ

 

そんな感じでようやく確認が終わり、アイの取り付けするのかな?と思ってたら箱に再び仕舞われていくヒナちゃん(ドール)

 

お迎えってこんなにあっさりなの??

 

若干困惑しつつ、一旦ドールを預けて目を付けていたパーカーを買うことに

でも14mmのアイが気になる

アイコーナーに行くといくつも並んだ目ん玉

14mmを探してみるも、色の種類が少ないのと、これを買うとパーカーが買えなくなるので断念することに

 

ようやくパーカーとドールを購入し終わって、持ち帰る段階へ

 

とにかくデカイ!重い!長い!

 

Super Dollfieという文字が目立つデッカいカバンを肩にかけ、日本橋のそこそこ人の多い通りを掻き分けて帰路に着く

地下鉄の電車内で出くわした外国人カップルがめっちゃ私のデカイ荷物についての話をしてました

いや、英語わかるからな?ホームステイとかも何回かしたことあるからお前らが私について話してる内容聞こえてるぞ?と心の中でツッコミながら電車に揺られる

 

とにかく早くアイをつけた顔が見たくて、次の日の朝筋肉痛になるレベルの競歩と自転車での全力疾走をしながら無事に帰宅

 

f:id:m1i1y2u0:20180429092855j:plain

それにしたってデカイ

自転車のカゴから8割くらい飛び出してる

ちなみにこの自転車普通にママチャリサイズなんですけどね

 

さぁ、家に着いたしアイをつけよう!

しかしここで問題が発生

上の写真を撮った時にiPhoneのストレージが無くなるという事態に

急いでヒナちゃん(本物)の動画を編集して、なんとかストレージを確保

 

ダッシュで手を洗ってもう一度ご対面

f:id:m1i1y2u0:20180429093141j:plain

実は手にも梱包材が巻かれていたのですが、写真を撮る前に外しちゃいました笑

左下に転がってるのがそれです

 

ひっつき虫という粘着剤で悪戦苦闘しながらアイを入れることに

とにかく頭が意外と大きいので、アイホールまで指が届かないんすよ

目の下のところに小さく丸めた粘着剤をつけてアイを装着

角度を調整したらその上からさらに粘着剤をつけて固定

完成した写真がこちら

f:id:m1i1y2u0:20180429093401j:plain

うーん、似てはないな

似てはないけどすっげえ可愛い

やっぱ43番ヘッド私のどタイプだわー、というイッパシのドールオタ気取りで眺めつつ、続いてウィッグの取り付け

 

f:id:m1i1y2u0:20180429093546j:plain

可愛いけど女の子だよな

髪が長い

でも可愛い、涙袋可愛い、すごい

 

f:id:m1i1y2u0:20180429093712j:plain

服も着せてみた

可愛い…、可愛いけど女の子

 

とりあえず髪を切ろうと思い立った私は、ウィッグが一つしかないというのにバッサバサとカットしていきます

f:id:m1i1y2u0:20180429093908j:plain

ちょっと表情が明るくなった

可愛い、可愛いけどサイドのボリュームが多くて違う気がする

なんせ私は自分の前髪くらいしか切ったことのないど素人、小学生の男の子みたいな髪型になってしまった

 

似てないなーと思いつつも服を着せていく

f:id:m1i1y2u0:20180429094128j:plain

あ、可愛い

似てるか似てないかで言ったら似てないんですけど、可愛くていつしか撮影に夢中に…

 

次はどんな子をお迎えしようかなぁ、ウィッグ違うやつ買おうかなぁ、とか考える始末

もはやドール沼にズブッズブに浸かってしまってる

 

ちなみに、この本物の眼球のようなグラスアイっていうのには追視効果っていうのがあるんですよ

簡単に言うと視線が追いかけてくる効果です

写真よく見てもらったら全部カメラ目線になってるのが分かると思います

 

試しに抱っこして顔を覗き込むと完全に上目遣いになってる…

 

 

カワイイ…(陥落)

 

 

とりあえず写真は後でアップするとして、次回のために今回のフルチョの反省点をまとめておきたいと思います

 

・資料は写真付きが良し

 

・ヘッドは実際に見ると可愛さにやられてしまうので、インスタの時点で似てるか似てないかという視点で一つに決めておく

(もっとほっそりした顔で目は寄り目な方がいいな、次はSDにしようかなーと思いつつ)

 

・オーダーは細かくなりすぎると忘れられるのである程度お任せに、譲れないポイントだけ絞っておく

(涙袋、眉毛、たれ目、下唇くらいかな)

 

・可愛いに偏った写真を選ぶと似なくなるのである程度、写りの悪い写真を選ぶ(ドールな時点で可愛くはなるから)

 

・眉毛はもっと濃い方がいい

 

以上ですかね、次を考えてるのが怖い

ドール沼ほんと怖い

 

最後にウチの子見てってください

f:id:m1i1y2u0:20180429095134j:plain

↑なんかちょっと笑ってるみたいで誘ってるみたいでクソ可愛い

ちなみに手はこの角度では固定できなかったので、カメラの外で頑張って固定してます笑

 

f:id:m1i1y2u0:20180429095223j:plain

↑ちょっとエッチになってしまってますけど、肩の細さがヒナちゃんっぽい

 

f:id:m1i1y2u0:20180429095308j:plain

↑流し目に変更、いい感じに暗くて綺麗

 

f:id:m1i1y2u0:20180429095531j:plain

↑人差し指の第二関節を唇に当てるヒナちゃんの癖を再現してみました

 

角度によって表情が変わる…

正面から撮ったら可愛い系だし、横から撮ったら綺麗になるし怖い

可愛すぎて怖い

 

ドール沼怖い

 

自担のドールを作る話 〜オーダー変更編〜

オーダーから73日が経った金曜日、ようやくメールが届きました

 
「ご注文頂いておりました、フルチョイスのお迎え準備が整いました。」!!
 
まさかのツアー申込案内のメールと同時にメールが届いたので財布が大変なことになる予感…
 
というわけで、ヒナちゃんドールのお迎えは明日!
しかしチラッと前の記事に追記もしたのですが、実は前回のオーダーから2月20日に変更しまして(イフオア初日)
 
その時変更した点について書きたいと思います
 
 
雪のちらつく中、2回目にもなれば迷うことなくたどり着けたボークス
天使のすみかにたどり着くと日曜日なせいか、前回の担当店員さんは見つかったもののレジが混んでいて中々話しかけられない
 
なんとか空いた瞬間に捕まえてドールのオーダー変更をしたい旨を伝えます
にしても忙しそうでした
やっぱフルチョするなら平日ですね
 
まずはドールのヘッドを29番に変えようと思っていたのですが、43番ちゃんの素ヘッドを見るとやっぱりカワイイ…
 
他にも6個くらいヘッドを出してもらって見比べたんですけど、43番がダンっトツで可愛かったんです
特に正面から見た顔は可愛いのに、横顔の鼻筋がしっかりしていて美人さんなところがヒナちゃんっぽいなぁーと思い、30分ほど迷った挙句、結局43番から変えないことになりました
 
続いてメイクの変更
実は変更してから2ヶ月近く経っているので、あまり詳しいことは覚えてないのです💦
 
なので箇条書きで変更したポイントを
・唇の縦線を特に指定なく入れてもらうから下唇だけ入れてもらうことに
(ヒナちゃんの写真を観察した結果、下唇だけ縦線が入っていたので)
・二重幅と涙袋のところに入れるグロスを、二重幅の部分は薄めと指定していたが、両方ともしっかり入れてもらう
(ヒナちゃんって上まぶたのハリとツヤがすごいんですよね、だからたまに二重が消えかけてますけど)
・「ナチュラル、色味が薄くなりすぎないように」という指定を唇だけにしていたのを全体に関する指定に
(これは前に店員さんが勘違いしていたのでそれを訂正)
・眉頭はぼかす、眉の始めは目頭より眉間側、終わりは目尻より短く、というようにかなり細部まで指定
(眉の指定が難しくて、1度目のオーダー以降何度も考え直してこの形に)
・目頭の粘膜の色を赤っぽくリアルに、と指定
(リアリティが欲しかったので)
・目尻側の粘膜は「目頭側より薄く」というのを「白っぽく」という書き方に変更
(薄い色にして欲しいんじゃなくて白っぽい色にして欲しかったのでそっちの方が伝わるかなぁと)
・二重ラインが「目尻側を広く」という表現から「目頭側を狭く」に変更
(確かに人間にしては二重幅が広いですけど、ドールに比べると末広二重なので今は同じですけど気持ちの問題)
・二重ラインの上に明るめのチークを追加
(同じく上まぶたのぷっくり感を再現)
・目尻の三角形のシャドウを赤っぽく暗い色と指定
(色指定した方がいいかなと思い)
・唇のイメージに「甘えた、幼い」と指定
(実は最初のオーダー時は恥ずかしくて伝えられなかったんですけど、せっかくだと思いお願いしました)
・下唇の方を「色の違いが目立たないくらい」赤みを足す、としていたのを「色の違いは分かるが、目立たないくらい」に変更
(写真見てたら意外とガッツリ下唇の方が赤っぽかったので表現の違いですが…)
・チークを目のすぐ下ではなく頬に丸く、顎にも入れる、鼻にもチークを、子犬っぽく、赤らんだというより日焼けしたような色で入れるというのを追加
(チークも上手く指定できなかったので、考えを練ってこの指定にしました)
・眉頭から鼻筋に沿って目の下のラインまで入れてもらう
(ヒナちゃんは鼻筋がしっかりしてるのでノーズシャドウがあった方がいいかと)
 
メモ書き程度になりましたが、こんな感じです
 
明日お迎えしたらもっとちゃんと書こうと思います!
 

6人のスタートライン

2018年4月15日、FCから「関ジャニ∞からの大切なお知らせ」というタイトルでメールが届いた

 

あるメンバーの脱退を知らせるものだ

 

ほんとは、今から書くことはこのブログの最後に書こうと思っていたのだが、この部分は出来れば読んでほしい意見だったため、ここに書いておく

 

次のコンサートであるGR8ESTに彼が参加しないことに文句を言ったり、事務所の陰謀論を唱えてる連中がいるそうだが、ビビットの太一くんから6人で決めたことだという話がしっかりとなされているのにそんな戯言をほざくのはやめていただきたい

 

悲しむ分には悲しんだら良いと思うが、6人のスタートの邪魔をしないでほしい

コンサートグッズから赤が消えるのは仕方のないことなのだ

もし今年残せば来年はどうする?だらだら引きづり続けて彼のファンが減った時、売れなくなったグッズはどうする?そっと赤をなくせばまた文句を言うだろ?

 

この件の一連の流れを見て、事務所への不信感は一切沸かないどころか、むしろ安心できる事務所だと思った

 

大人の世界は甘くない

彼らは友達同士が集まって楽しくカメラの前で遊んでるわけじゃない

アイドルという仕事を全うしているのだ

もしただの友達グループならアイドルとして応援しているファンを裏切って彼のやりたいようにしていただろうし、全員で退所するということも出来ただろう

でも彼らはアイドルという職業についている

まさかそんな奴はいないと思うが、この選択を酷い、冷たいというのはあまりにも残酷だ

「いっそ7人で事務所やめればよかったのに」というツイートをいくつか見たがふざけないでほしい

どれだけ多くの人に配慮しつつこの決断をしたのか考えるべきだ

 

 

やっぱり関ジャニ∞は私が好きになった当時と変わらず、仲良しバンドではなくアイドルだった

それがとても嬉しい

 

 

 

 

 

 

 

※ここからは渋谷さんが好きな方は不快になる可能性が高い記事なので、お気をつけください

 

 

 

 

 

 

 

 

不快になっても自己責任でお願いします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それまで、なんとなく脱退=不仲説というイメージがあり、私は週刊誌の時点ではそれほど信じていなかった

しかし、理由を聞いた時になぜ今なんだろうと思いつつも非現実的な出来事をとりあえず丸まんま咀嚼することなく飲み込んだ

 

そして2日経った今、私の中に大きく分けて二つの感情が芽生えてきた

それは普段私が感情を発散しているツイッターでは書けるような内容じゃなかったため、ここに書き記しておこうと思う

 

 

 

①怒り

この感情に今私は苛まれている

私は何度も彼にこの感情を抱いてきた

 

あまりにも勝手すぎやしないか?

 

この事件に関する推しへの負担を考えると本当に腹が立ってくる、自担が彼に怒りの感情など抱かないだろうから尚更

 

レギュラーの多い自担はきっと親しい人から仕事だけの付き合いの人など色んな人からこの件に関して聞かれるだろう

そしてその中には心無い人もいるだろう

1番矢面に立たされるのはきっと自担だ

 

たとえ自担がそれを受け入れたとしても、私はそれを受け入れられない

 

次に、年末の音楽番組ラッシュで何度も披露された『今』での彼の手抜きダンス

いや、ダンスで手を抜いていたのは前からか

じゃなきゃ脱退なんてしない

http://kibi.hatenablog.com/entry/2017/12/07/175750

その時、あまりの怒りに気が収まらず、上の記事を書いた

どれだけダンスにやる気がなかったのか私の中では証明されてしまったようなものだ

 

センターに立つくせに自分の苦手分野はやらない、そのわりにメンバーには自分のやりたいことをやらせる身勝手な態度にはらわたが煮えくりかえりそうだ

 

自分の好きなことだけやりたいならアイドル辞めればいい、グループ活動なんて向いてない

と何度も思ったことを思い出しては少し懐かしい気持ちになる

 

ある意味その願いが叶ったんだな、と

その点では最後に彼に対して好感を持てた

ちゃんと自分がやりたいことをやるためにグループを利用するのではなく脱退という道を選んでくれたことに感謝している

 

ただ、年末ならもう退所のことも考えていただろうに、それでも手を抜いてやっていたことが癪に触ることには変わりない

 

次に移る前によく受ける質問に反論をしておこう

Q.どうして手抜きだと決めつけるんだ?

A.ジャンプなんて小学生でも出来るわ、もしジャンプの一つも出来へんほど体力がないならそれこそダンスどころか歌さえやめてしまうことをお勧めするレベルやわ

 

Q.村上くんのピアノの失敗は練習をサボったからではないのか?

A.少なくとも私たちの前、カメラの前ではやろうとしてるやろ?する意思があるかないかの違いや、そもそもやってないやんけ

あとカメラの前、ファンの前でさえやってくれるならプライベートがどうだろうとどうでも良いってのが私のスタンスなので

 

 

②期待

私の中で最初に生まれた感情はこれだった

そもそもが修羅場好きな性分というのもあるが、私はずっと箱推しに戻りたかった

 

戻れない理由としては

・バンド推し

・自担のソロの扱い

・歌割り&カット割りの不平等さ

というのが大きな割合を占める

 

バンド推しに関しては、バンドを特にやりたがっていたのは彼だし、ダンスを嫌がって手を抜くようなメンバーがいなくなったからきっとダンスも今までより揃うようになるだろう

 

そもそも夜な夜なに関してはダンスのレベルとしては他のジャニーズに混ぜても良いとこまで行くだろうし別に全員が苦手というわけじゃないから心配はしていない

 

そしてユニットが2:2:2:1で組まれることがなくなれば、忌まわしきキングが復活する可能性も低いだろう

 

最後に不平等さの解消

これに関しても私は記事を書いていた

http://kibi.hatenablog.com/entry/2018/01/14/164138

正直私は彼の歌が好きではない

彼の声は主役になれる声ではなく、主役にしかなれない声だと思っている

それに自担の歌は確かに下手だったが、一般男性となら比べるまでもなく上手い方だし、何よりここ数年でも上達が見られる

なのにソロパートはいつも彼ばかり

「メインボーカルが抜けた関ジャニ∞の曲なんて…」と言われるたびに腹が立った

そもそも彼をメインボーカルだと思ったことは一度もない

 

怒りの方にシフトしそうだったので話を変えよう

 

個人的にイッツマイソウルが好きなのだが、コンサートサイズだと自担のソロが一つもないので大サビが自担のパートになることを期待している

 

箱推し時代が1番オタクをやっていて楽しかった

戻れるものなら戻りたかった

もしかしたら新しい関ジャニ∞なら箱推しに戻れるかもしれないと期待している

 

 

 

恐らく不快感を抱きながら読んで、このムカつくブログにコメントをつけてやろうと思った方が今までの経験上からすると1人、2人ほどいると思うのですが、その際は是非罵詈雑言ではなく論理的な文章を組み立ててきてからコメントしてほしい

じゃなきゃ反論のしようがないですから

 

 

 

 

 

村上信五のパーソナルデザイン

さて、パーソナルカラー、骨格診断と来て今回はヒナちゃんのパーソナルデザイン編です!

 

パーソナルカラー編↓

http://kibi.hatenablog.com/entry/2017/05/26/201155

骨格診断編↓

http://kibi.hatenablog.com/entry/2017/08/05/114844

 

パーソナルカラーや骨格診断に比べるとマイナーなパーソナルデザイン(PD)

一体なんぞや?って感じですよね

簡単に言うとその人にあったデザインを分類した中から探すと言うもの

骨格診断は骨格から、パーソナルカラーは肌色から診断していましたがパーソナルデザインはその人の顔立ちや全体の印象など外見的な全体の雰囲気から診断します

 

今回参考にさせてもらったサイトはいろ結いさんの記事↓

https://iroyui.com/personal-design/

8分類(男性は5分類)のパーソナルデザインで調べたいと思います

 

といっても私まだ全然パーソナルデザインについては詳しくないので間違えてたらごめんなさい

 

まずはヒナちゃんは男性なので5つのスタイルについて

 

①ファッショナブル

存在感があり、第一印象に迫力がある

個性的なものが似合う

地味なものは似合わない

 

ナチュラ

気さくで親しみやすい印象、スポーティーなしっかりとした体型

シンプルなものが似合う

フリフリしたものは似合わない

 

③グレース

中肉中背、整った雰囲気

オーソドックスなスーツなど上品なものが似合う

ラフな格好が似合わない

 

④ロマンス

甘く上品な色気漂うタイプ

華やかで身体にフィットしたものが似合う

角ばったもの、ごついデザインが似合わない

 

⑤ハイスタイル

エネルギッシュで生き生きとした印象

小粋な変化に富んだものが似合う

ゴツすぎるものや地味なものが似合わない

 

 

 

さて、これ書き出したはいいけど難しいな…

まぁまずは絶対ないだろうというものだけ挙げていってみよう

 

①ファッショナブル

まず第一印象に迫力はないよね

どちらかというとふわんとした感じというか、コンサートや舞台やらでヒナちゃん見た時もそんなにオーラ的なものも感じたことないし

 

③グレース

顔が整ってるのに整った雰囲気しないところとか、ストレートの割にはスーツがそこまで似合うって感じじゃないところがグレースっぽくない

プレミアムフライデーの会見とかジャニ勉リニューアル、ありえへん世界でサイズの合ったスーツ着た時の顔が浮いてる感じする

f:id:m1i1y2u0:20180328234251j:plain

 

f:id:m1i1y2u0:20180328234459j:plain

顔と身体がチグハグな感じ

このスタイルには合ってるんですけど顔を取ってつけた感、伝わります?

体型的にはスーツ似合うと思うんだけどね

 

あとはロングコートとか着るとスタイル良いからその点では大丈夫なはずなのに着られてる感じはすごい

f:id:m1i1y2u0:20180617164632j:plain


あと襟は似合うけど、ジャケットは前のボタン開けたりニット挟んだりして着崩したフジテレビスタイル(私が勝手に命名した)の方が似合うイメージです

結構カラフルだったりキュートだったりする服を着こなせるよね

f:id:m1i1y2u0:20180328234716j:plain

加えてまず中肉中背ではないだろ

f:id:m1i1y2u0:20180617164732j:plain

あれを中くらいだとしたら他の人間のスタイルはなんと表すんだ?

 

 

絶対ないと思うのはこの2つですかね

続いて残り3つについて吟味していきたいと思います

 

ナチュラ

ナチュラルって私スポーティーな服が似合う人だと思ってたんですけどシンプルな服が似合う人でスポーティーな体型ってことなんですね

 

ヒナちゃんってジャージ似合うと思うんすよ

メイキングのサイズ合ってないダサい私服は微妙だけどほんじゃにとか関パニで着てたジャージが結構似合っててその点ではナチュラルなのかなぁ?って

f:id:m1i1y2u0:20180328234859j:plain

でもシンプルな服装ってとこに引っかかるんですよねぇ

もしかしたら骨格の問題なのかもしれませんが、トップスは重ね着した方がオシャレに見える

逆に村マヨとかでも夏になると衣装がダサくなる印象が強いので

f:id:m1i1y2u0:20180328235115j:plain

 

f:id:m1i1y2u0:20180328235205j:plain

なんか服が少ないと貧相なんですよね

スポーティーなしっかりした体型か?って言われるとスポーツ得意だから惑わされがちですけど体型的にはかなり華奢だし

 

ヒナちゃんと骨格が同じだと思われるストレートな丸山さんとか渋谷さんとかだと結構Tシャツ1枚が似合いますよね

 

とりあえず次!

 

④ロマンス

身体にフィットしたものって上半身にも適用されるんですかね?

でもヘルシーなエロさというか、ロマンスって服を脱いでも実はそんなにエロくならないらしいです

f:id:m1i1y2u0:20180328235239j:plain

その点は結構合ってる気がする 

エロって倒錯性から生まれるところがあるから逆に裸が似合わない人の方が裸になった時エロく見えるらしい

確かにヒナちゃん着てるほうがエロい

でもそれはヒナちゃんがえげつなくスタイルのいいからでは?と思ったり

 

あとストレートにしてはスキニーやタンクトップが似合う

f:id:m1i1y2u0:20180328235349j:plain 

 

f:id:m1i1y2u0:20180328235529j:plain

どちらも身体にフィットしたものですよね

それに脚が長いのにロング丈のジャケットより短い丈のフィットしたアウターの方が似合う気がするのも合ってるのかな?

 

けど華やかなと大ぶりなアクセサリーがイマイチ引っかかってるんですよね

 

あ、でもヒナちゃん結構余った布があるほうが似合うと思うんですよ

 

腰にシャツ巻いたり、フードがあったり、襟があったり、あとドルマンスリーブ

f:id:m1i1y2u0:20180328235711j:plain

f:id:m1i1y2u0:20180617164927j:plain

特にドルマンスリーブはストレートには似合わない服と言われがちなので、それが似合うということはPDによる影響が大きいと思います

余った布があったほうがいいパーソナルデザインってどれなんですかね?

 

大ぶりなアクセサリーはそもそもアクセサリーをつけてるイメージがなさすぎて分からない…

パーソナルカラーがサマーだから多分キラキラしたものは似合わないけど

 

 

⑤ハイスタイル

明るい感じが当てはまるかなと

上に書いた余り布が、変化に富んだもの、小粋なものとして数えられるならハイスタイルに当てはまってるような気もします

 

ゴツすぎるものや地味なものが似合わないってのも何となくわかる

ゴツいもの着ると着られてる感が出るし、地味なものだと貧相に見えたり顔が浮いてる感じに見えたり

 

お、結構当てはまってるんじゃね?

 

村スポとか関ジャムとか音楽チャンプとか、形はフォーマルでも遊びのあるデザインの方が似合ってる気がします

 

f:id:m1i1y2u0:20180329000518j:plain

中はスーツでもファーを足したり

f:id:m1i1y2u0:20180329000629j:plain

あとハイスタイルの特徴に生き生きした目ってのが書いてあってそれも当てはまってるっしょ?

 それにハイスタイルっていうのは女性で言うキュートのことなので印象としても合ってるかな?って感じ

 

 

とりあえず5つに当てはめて考えてみるとハイスタイルっぽいですけどロマンスとハイスタイルの違いについて勉強不足なのでまた改めて考えれたらな、と思います

 

今のところ分かったことだけ

・上半身は着崩したもの、派手もしくは凝ったデザインや重ね着などが似合う

・下半身はフィットしたシンプルなものが似合う

 

以上

だれかパーソナルデザインに詳しい方いらっしゃいましたらコメントの方にお願いします