そーゆーとこツボなのさ

終日もう君に夢中

自担のドールを作った話

いやぁー、昨日ついにお迎えしてきました

本当は午前中出かけてたので、そのついでにお迎えするつもりだったのですが、まさかの控えを忘れてしまうという大失態

f:id:m1i1y2u0:20180429085838j:plain

↑こいつがなければいくら身分証明書があろうとお迎えできないのです

 

というわけで、お金もカードも用意して、梅田でアイ用の接着剤も買っていたのに一旦家に帰ることに

 

急いで昼ご飯を掻きこんで家を飛び出し、自転車を全速力で漕ぎ、電車の中でソワソワしながら移動すること約30分

 

ボークス前恒例のやたら長い信号を待ちながら、私は不安でいっぱいでした

 

もし似てなかったら、5万以上払ったのを後悔することになったらと思うと怖い…

 

しかし私の足は勝手にボークスに向かい、7階までのエレベーターを待つ時間でさえ長く感じながら辿り着いた天使のすみか

 

今回の購入で、1000円の年会費を払えば2500ポイントほどが貯まる予定だったので、それで何を買おうかなぁと物色

パーカーが2000円ほどで売っていたのでこれにしよう、と心に決めてレジに向かうと運悪く店員さん2人とも接客中

 

どうやら中国から来た女の子2人組がまこちゃんというドールをお迎えしている模様

海外でもドールはありますが、ボークスはやっぱり人気らしいですね

フルチョイスじゃなければもう少し安い値段で買えるそうで

 

お迎えしたその子は箱を渡された瞬間、

「はわぁぁぁーー💕」

ってなってて可愛かったです

 

まぁそんなこんなで、自分のドールをお迎えする前に他人がお迎えしてるところを目撃しつつ、前に対応していただいたDAさんがいたので声を掛けました

 

「フルチョお迎えに来たのですが…」

 

ナチュラルにフルチョって略してしまったし、お迎えって言ってしまったし

でも言い訳するとジャニオタって普通にCDとか「お迎えする」って言うじゃないですか

だから一般的な人より無機物に対してお迎えという言葉を使うことに抵抗がないんですよね

 

さて、早速お目にかかれるのかと思いきや、まずはお会計だそうで、約55000円をお支払い

ついでに有料会員になった特典としてボークスニュースという雑誌を受け取る

ていうかこの分厚い雑誌が年に何冊も貰えるって1000円は安すぎない?

ananとかメンズノンノとかそういうレベルの分厚さでちょっとビビる

一冊だけでも1000円以上するでしょ??

JFCなんかうっすい会報年4冊で、コンサートチケットも当たるかわかんねえし、別にポイント貯まらねえし、まぁでもヒナちゃんに会えるんだから4000円は仕方ないか(金銭感覚の喪失)

 

話が長くなりました

 

会計を終えてようやくご対面

白い布団が乗っけられてて「ここからはオーナー様の手で」的なのがあると聞いていたのですが、私が会計を終えてレジ横に行った頃には、すでにお座りになっている…

 

え?そんなあっさりなの?もう顔見えてるけど?

 

と思いながら初対面

f:id:m1i1y2u0:20180429091454j:plain

これは家で撮った写真ですが、こんな感じで見せられました

涙袋すごいですよね!資料の写真と見比べてみたんですけど村上くんっぽいです!」

え、すでに見比べたの??と思いつつえらい調子に乗せてくれるけど、正直カツラもアイもない状態で見たって全然分からへん

「ほんとだ!涙袋すごいです!想像以上!」

とか言いつつも、目の下にグロスが入っていないことに気づく

なんというか、あんなに細かくオーダーしたのにそれほど指示通りになっていない…

 

「14mmのアイ付けてみたらさらに似てましたよ!」とサラッと言う店員さん

付けてみたの!?!?私より楽しんでるじゃん!?と思いながらオプションパーツの確認へ

 

ただこれ以上待つのもアレだし、涙袋気に入ってるからまぁいいや、ということに

 

「えー、手のパーツがこちらで、ウィッグがこれですね、そして付属品にry」

という感じで進んでいくのですが、

「それでこれがお迎えドレスの女の子用の下着になります」

と言われた瞬間、マジで死ぬほど恥ずかしかったです

 

推し(36歳男性)のドールを作って女物の下着を着けさせる性癖がバレる恥ずかしさ

 

そんな感じでようやく確認が終わり、アイの取り付けするのかな?と思ってたら箱に再び仕舞われていくヒナちゃん(ドール)

 

お迎えってこんなにあっさりなの??

 

若干困惑しつつ、一旦ドールを預けて目を付けていたパーカーを買うことに

でも14mmのアイが気になる

アイコーナーに行くといくつも並んだ目ん玉

14mmを探してみるも、色の種類が少ないのと、これを買うとパーカーが買えなくなるので断念することに

 

ようやくパーカーとドールを購入し終わって、持ち帰る段階へ

 

とにかくデカイ!重い!長い!

 

Super Dollfieという文字が目立つデッカいカバンを肩にかけ、日本橋のそこそこ人の多い通りを掻き分けて帰路に着く

地下鉄の電車内で出くわした外国人カップルがめっちゃ私のデカイ荷物についての話をしてました

いや、英語わかるからな?ホームステイとかも何回かしたことあるからお前らが私について話してる内容聞こえてるぞ?と心の中でツッコミながら電車に揺られる

 

とにかく早くアイをつけた顔が見たくて、次の日の朝筋肉痛になるレベルの競歩と自転車での全力疾走をしながら無事に帰宅

 

f:id:m1i1y2u0:20180429092855j:plain

それにしたってデカイ

自転車のカゴから8割くらい飛び出してる

ちなみにこの自転車普通にママチャリサイズなんですけどね

 

さぁ、家に着いたしアイをつけよう!

しかしここで問題が発生

上の写真を撮った時にiPhoneのストレージが無くなるという事態に

急いでヒナちゃん(本物)の動画を編集して、なんとかストレージを確保

 

ダッシュで手を洗ってもう一度ご対面

f:id:m1i1y2u0:20180429093141j:plain

実は手にも梱包材が巻かれていたのですが、写真を撮る前に外しちゃいました笑

左下に転がってるのがそれです

 

ひっつき虫という粘着剤で悪戦苦闘しながらアイを入れることに

とにかく頭が意外と大きいので、アイホールまで指が届かないんすよ

目の下のところに小さく丸めた粘着剤をつけてアイを装着

角度を調整したらその上からさらに粘着剤をつけて固定

完成した写真がこちら

f:id:m1i1y2u0:20180429093401j:plain

うーん、似てはないな

似てはないけどすっげえ可愛い

やっぱ43番ヘッド私のどタイプだわー、というイッパシのドールオタ気取りで眺めつつ、続いてウィッグの取り付け

 

f:id:m1i1y2u0:20180429093546j:plain

可愛いけど女の子だよな

髪が長い

でも可愛い、涙袋可愛い、すごい

 

f:id:m1i1y2u0:20180429093712j:plain

服も着せてみた

可愛い…、可愛いけど女の子

 

とりあえず髪を切ろうと思い立った私は、ウィッグが一つしかないというのにバッサバサとカットしていきます

f:id:m1i1y2u0:20180429093908j:plain

ちょっと表情が明るくなった

可愛い、可愛いけどサイドのボリュームが多くて違う気がする

なんせ私は自分の前髪くらいしか切ったことのないど素人、小学生の男の子みたいな髪型になってしまった

 

似てないなーと思いつつも服を着せていく

f:id:m1i1y2u0:20180429094128j:plain

あ、可愛い

似てるか似てないかで言ったら似てないんですけど、可愛くていつしか撮影に夢中に…

 

次はどんな子をお迎えしようかなぁ、ウィッグ違うやつ買おうかなぁ、とか考える始末

もはやドール沼にズブッズブに浸かってしまってる

 

ちなみに、この本物の眼球のようなグラスアイっていうのには追視効果っていうのがあるんですよ

簡単に言うと視線が追いかけてくる効果です

写真よく見てもらったら全部カメラ目線になってるのが分かると思います

 

試しに抱っこして顔を覗き込むと完全に上目遣いになってる…

 

 

カワイイ…(陥落)

 

 

とりあえず写真は後でアップするとして、次回のために今回のフルチョの反省点をまとめておきたいと思います

 

・資料は写真付きが良し

 

・ヘッドは実際に見ると可愛さにやられてしまうので、インスタの時点で似てるか似てないかという視点で一つに決めておく

(もっとほっそりした顔で目は寄り目な方がいいな、次はSDにしようかなーと思いつつ)

 

・オーダーは細かくなりすぎると忘れられるのである程度お任せに、譲れないポイントだけ絞っておく

(涙袋、眉毛、たれ目、下唇くらいかな)

 

・可愛いに偏った写真を選ぶと似なくなるのである程度、写りの悪い写真を選ぶ(ドールな時点で可愛くはなるから)

 

・眉毛はもっと濃い方がいい

 

以上ですかね、次を考えてるのが怖い

ドール沼ほんと怖い

 

最後にウチの子見てってください

f:id:m1i1y2u0:20180429095134j:plain

↑なんかちょっと笑ってるみたいで誘ってるみたいでクソ可愛い

ちなみに手はこの角度では固定できなかったので、カメラの外で頑張って固定してます笑

 

f:id:m1i1y2u0:20180429095223j:plain

↑ちょっとエッチになってしまってますけど、肩の細さがヒナちゃんっぽい

 

f:id:m1i1y2u0:20180429095308j:plain

↑流し目に変更、いい感じに暗くて綺麗

 

f:id:m1i1y2u0:20180429095531j:plain

↑人差し指の第二関節を唇に当てるヒナちゃんの癖を再現してみました

 

角度によって表情が変わる…

正面から撮ったら可愛い系だし、横から撮ったら綺麗になるし怖い

可愛すぎて怖い

 

ドール沼怖い

 

自担のドールを作る話 〜オーダー変更編〜

オーダーから73日が経った金曜日、ようやくメールが届きました

 
「ご注文頂いておりました、フルチョイスのお迎え準備が整いました。」!!
 
まさかのツアー申込案内のメールと同時にメールが届いたので財布が大変なことになる予感…
 
というわけで、ヒナちゃんドールのお迎えは明日!
しかしチラッと前の記事に追記もしたのですが、実は前回のオーダーから2月20日に変更しまして(イフオア初日)
 
その時変更した点について書きたいと思います
 
 
雪のちらつく中、2回目にもなれば迷うことなくたどり着けたボークス
天使のすみかにたどり着くと日曜日なせいか、前回の担当店員さんは見つかったもののレジが混んでいて中々話しかけられない
 
なんとか空いた瞬間に捕まえてドールのオーダー変更をしたい旨を伝えます
にしても忙しそうでした
やっぱフルチョするなら平日ですね
 
まずはドールのヘッドを29番に変えようと思っていたのですが、43番ちゃんの素ヘッドを見るとやっぱりカワイイ…
 
他にも6個くらいヘッドを出してもらって見比べたんですけど、43番がダンっトツで可愛かったんです
特に正面から見た顔は可愛いのに、横顔の鼻筋がしっかりしていて美人さんなところがヒナちゃんっぽいなぁーと思い、30分ほど迷った挙句、結局43番から変えないことになりました
 
続いてメイクの変更
実は変更してから2ヶ月近く経っているので、あまり詳しいことは覚えてないのです💦
 
なので箇条書きで変更したポイントを
・唇の縦線を特に指定なく入れてもらうから下唇だけ入れてもらうことに
(ヒナちゃんの写真を観察した結果、下唇だけ縦線が入っていたので)
・二重幅と涙袋のところに入れるグロスを、二重幅の部分は薄めと指定していたが、両方ともしっかり入れてもらう
(ヒナちゃんって上まぶたのハリとツヤがすごいんですよね、だからたまに二重が消えかけてますけど)
・「ナチュラル、色味が薄くなりすぎないように」という指定を唇だけにしていたのを全体に関する指定に
(これは前に店員さんが勘違いしていたのでそれを訂正)
・眉頭はぼかす、眉の始めは目頭より眉間側、終わりは目尻より短く、というようにかなり細部まで指定
(眉の指定が難しくて、1度目のオーダー以降何度も考え直してこの形に)
・目頭の粘膜の色を赤っぽくリアルに、と指定
(リアリティが欲しかったので)
・目尻側の粘膜は「目頭側より薄く」というのを「白っぽく」という書き方に変更
(薄い色にして欲しいんじゃなくて白っぽい色にして欲しかったのでそっちの方が伝わるかなぁと)
・二重ラインが「目尻側を広く」という表現から「目頭側を狭く」に変更
(確かに人間にしては二重幅が広いですけど、ドールに比べると末広二重なので今は同じですけど気持ちの問題)
・二重ラインの上に明るめのチークを追加
(同じく上まぶたのぷっくり感を再現)
・目尻の三角形のシャドウを赤っぽく暗い色と指定
(色指定した方がいいかなと思い)
・唇のイメージに「甘えた、幼い」と指定
(実は最初のオーダー時は恥ずかしくて伝えられなかったんですけど、せっかくだと思いお願いしました)
・下唇の方を「色の違いが目立たないくらい」赤みを足す、としていたのを「色の違いは分かるが、目立たないくらい」に変更
(写真見てたら意外とガッツリ下唇の方が赤っぽかったので表現の違いですが…)
・チークを目のすぐ下ではなく頬に丸く、顎にも入れる、鼻にもチークを、子犬っぽく、赤らんだというより日焼けしたような色で入れるというのを追加
(チークも上手く指定できなかったので、考えを練ってこの指定にしました)
・眉頭から鼻筋に沿って目の下のラインまで入れてもらう
(ヒナちゃんは鼻筋がしっかりしてるのでノーズシャドウがあった方がいいかと)
 
メモ書き程度になりましたが、こんな感じです
 
明日お迎えしたらもっとちゃんと書こうと思います!
 

6人のスタートライン

2018年4月15日、FCから「関ジャニ∞からの大切なお知らせ」というタイトルでメールが届いた

 

あるメンバーの脱退を知らせるものだ

 

ほんとは、今から書くことはこのブログの最後に書こうと思っていたのだが、この部分は出来れば読んでほしい意見だったため、ここに書いておく

 

次のコンサートであるGR8ESTに彼が参加しないことに文句を言ったり、事務所の陰謀論を唱えてる連中がいるそうだが、ビビットの太一くんから6人で決めたことだという話がしっかりとなされているのにそんな戯言をほざくのはやめていただきたい

 

悲しむ分には悲しんだら良いと思うが、6人のスタートの邪魔をしないでほしい

コンサートグッズから赤が消えるのは仕方のないことなのだ

もし今年残せば来年はどうする?だらだら引きづり続けて彼のファンが減った時、売れなくなったグッズはどうする?そっと赤をなくせばまた文句を言うだろ?

 

この件の一連の流れを見て、事務所への不信感は一切沸かないどころか、むしろ安心できる事務所だと思った

 

大人の世界は甘くない

彼らは友達同士が集まって楽しくカメラの前で遊んでるわけじゃない

アイドルという仕事を全うしているのだ

もしただの友達グループならアイドルとして応援しているファンを裏切って彼のやりたいようにしていただろうし、全員で退所するということも出来ただろう

でも彼らはアイドルという職業についている

まさかそんな奴はいないと思うが、この選択を酷い、冷たいというのはあまりにも残酷だ

「いっそ7人で事務所やめればよかったのに」というツイートをいくつか見たがふざけないでほしい

どれだけ多くの人に配慮しつつこの決断をしたのか考えるべきだ

 

 

やっぱり関ジャニ∞は私が好きになった当時と変わらず、仲良しバンドではなくアイドルだった

それがとても嬉しい

 

 

 

 

 

 

 

※ここからは渋谷さんが好きな方は不快になる可能性が高い記事なので、お気をつけください

 

 

 

 

 

 

 

 

不快になっても自己責任でお願いします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それまで、なんとなく脱退=不仲説というイメージがあり、私は週刊誌の時点ではそれほど信じていなかった

しかし、理由を聞いた時になぜ今なんだろうと思いつつも非現実的な出来事をとりあえず丸まんま咀嚼することなく飲み込んだ

 

そして2日経った今、私の中に大きく分けて二つの感情が芽生えてきた

それは普段私が感情を発散しているツイッターでは書けるような内容じゃなかったため、ここに書き記しておこうと思う

 

 

 

①怒り

この感情に今私は苛まれている

私は何度も彼にこの感情を抱いてきた

 

あまりにも勝手すぎやしないか?

 

この事件に関する推しへの負担を考えると本当に腹が立ってくる、自担が彼に怒りの感情など抱かないだろうから尚更

 

レギュラーの多い自担はきっと親しい人から仕事だけの付き合いの人など色んな人からこの件に関して聞かれるだろう

そしてその中には心無い人もいるだろう

1番矢面に立たされるのはきっと自担だ

 

たとえ自担がそれを受け入れたとしても、私はそれを受け入れられない

 

次に、年末の音楽番組ラッシュで何度も披露された『今』での彼の手抜きダンス

いや、ダンスで手を抜いていたのは前からか

じゃなきゃ脱退なんてしない

http://kibi.hatenablog.com/entry/2017/12/07/175750

その時、あまりの怒りに気が収まらず、上の記事を書いた

どれだけダンスにやる気がなかったのか私の中では証明されてしまったようなものだ

 

センターに立つくせに自分の苦手分野はやらない、そのわりにメンバーには自分のやりたいことをやらせる身勝手な態度にはらわたが煮えくりかえりそうだ

 

自分の好きなことだけやりたいならアイドル辞めればいい、グループ活動なんて向いてない

と何度も思ったことを思い出しては少し懐かしい気持ちになる

 

ある意味その願いが叶ったんだな、と

その点では最後に彼に対して好感を持てた

ちゃんと自分がやりたいことをやるためにグループを利用するのではなく脱退という道を選んでくれたことに感謝している

 

ただ、年末ならもう退所のことも考えていただろうに、それでも手を抜いてやっていたことが癪に触ることには変わりない

 

次に移る前によく受ける質問に反論をしておこう

Q.どうして手抜きだと決めつけるんだ?

A.ジャンプなんて小学生でも出来るわ、もしジャンプの一つも出来へんほど体力がないならそれこそダンスどころか歌さえやめてしまうことをお勧めするレベルやわ

 

Q.村上くんのピアノの失敗は練習をサボったからではないのか?

A.少なくとも私たちの前、カメラの前ではやろうとしてるやろ?する意思があるかないかの違いや、そもそもやってないやんけ

あとカメラの前、ファンの前でさえやってくれるならプライベートがどうだろうとどうでも良いってのが私のスタンスなので

 

 

②期待

私の中で最初に生まれた感情はこれだった

そもそもが修羅場好きな性分というのもあるが、私はずっと箱推しに戻りたかった

 

戻れない理由としては

・バンド推し

・自担のソロの扱い

・歌割り&カット割りの不平等さ

というのが大きな割合を占める

 

バンド推しに関しては、バンドを特にやりたがっていたのは彼だし、ダンスを嫌がって手を抜くようなメンバーがいなくなったからきっとダンスも今までより揃うようになるだろう

 

そもそも夜な夜なに関してはダンスのレベルとしては他のジャニーズに混ぜても良いとこまで行くだろうし別に全員が苦手というわけじゃないから心配はしていない

 

そしてユニットが2:2:2:1で組まれることがなくなれば、忌まわしきキングが復活する可能性も低いだろう

 

最後に不平等さの解消

これに関しても私は記事を書いていた

http://kibi.hatenablog.com/entry/2018/01/14/164138

正直私は彼の歌が好きではない

彼の声は主役になれる声ではなく、主役にしかなれない声だと思っている

それに自担の歌は確かに下手だったが、一般男性となら比べるまでもなく上手い方だし、何よりここ数年でも上達が見られる

なのにソロパートはいつも彼ばかり

「メインボーカルが抜けた関ジャニ∞の曲なんて…」と言われるたびに腹が立った

そもそも彼をメインボーカルだと思ったことは一度もない

 

怒りの方にシフトしそうだったので話を変えよう

 

個人的にイッツマイソウルが好きなのだが、コンサートサイズだと自担のソロが一つもないので大サビが自担のパートになることを期待している

 

箱推し時代が1番オタクをやっていて楽しかった

戻れるものなら戻りたかった

もしかしたら新しい関ジャニ∞なら箱推しに戻れるかもしれないと期待している

 

 

 

恐らく不快感を抱きながら読んで、このムカつくブログにコメントをつけてやろうと思った方が今までの経験上からすると1人、2人ほどいると思うのですが、その際は是非罵詈雑言ではなく論理的な文章を組み立ててきてからコメントしてほしい

じゃなきゃ反論のしようがないですから

 

 

 

 

 

村上信五のパーソナルデザイン

さて、パーソナルカラー、骨格診断と来て今回はヒナちゃんのパーソナルデザイン編です!

 

パーソナルカラー編↓

http://kibi.hatenablog.com/entry/2017/05/26/201155

骨格診断編↓

http://kibi.hatenablog.com/entry/2017/08/05/114844

 

パーソナルカラーや骨格診断に比べるとマイナーなパーソナルデザイン(PD)

一体なんぞや?って感じですよね

簡単に言うとその人にあったデザインを分類した中から探すと言うもの

骨格診断は骨格から、パーソナルカラーは肌色から診断していましたがパーソナルデザインはその人の顔立ちや全体の印象など外見的な全体の雰囲気から診断します

 

今回参考にさせてもらったサイトはいろ結いさんの記事↓

https://iroyui.com/personal-design/

8分類(男性は5分類)のパーソナルデザインで調べたいと思います

 

といっても私まだ全然パーソナルデザインについては詳しくないので間違えてたらごめんなさい

 

まずはヒナちゃんは男性なので5つのスタイルについて

 

①ファッショナブル

存在感があり、第一印象に迫力がある

個性的なものが似合う

地味なものは似合わない

 

ナチュラ

気さくで親しみやすい印象、スポーティーなしっかりとした体型

シンプルなものが似合う

フリフリしたものは似合わない

 

③グレース

中肉中背、整った雰囲気

オーソドックスなスーツなど上品なものが似合う

ラフな格好が似合わない

 

④ロマンス

甘く上品な色気漂うタイプ

華やかで身体にフィットしたものが似合う

角ばったもの、ごついデザインが似合わない

 

⑤ハイスタイル

エネルギッシュで生き生きとした印象

小粋な変化に富んだものが似合う

ゴツすぎるものや地味なものが似合わない

 

 

 

さて、これ書き出したはいいけど難しいな…

まぁまずは絶対ないだろうというものだけ挙げていってみよう

 

①ファッショナブル

まず第一印象に迫力はないよね

どちらかというとふわんとした感じというか、コンサートや舞台やらでヒナちゃん見た時もそんなにオーラ的なものも感じたことないし

 

③グレース

顔が整ってるのに整った雰囲気しないところとか、ストレートの割にはスーツがそこまで似合うって感じじゃないところがグレースっぽくない

プレミアムフライデーの会見とかジャニ勉リニューアル、ありえへん世界でサイズの合ったスーツ着た時の顔が浮いてる感じする

f:id:m1i1y2u0:20180328234251j:plain

 

f:id:m1i1y2u0:20180328234459j:plain

顔と身体がチグハグな感じ

このスタイルには合ってるんですけど顔を取ってつけた感、伝わります?

体型的にはスーツ似合うと思うんだけどね

 

あとはロングコートとか着るとスタイル良いからその点では大丈夫なはずなのに着られてる感じはすごい

ていうかロングコート着てる写真が全然なかったんですけど…、やっぱ似合わないから?

襟は似合うけど、ジャケットは前のボタン開けたりニット挟んだりして着崩したフジテレビスタイル(私が勝手に命名した)の方が似合うイメージです

結構カラフルだったりキュートだったりする服を着こなせるよね

f:id:m1i1y2u0:20180328234716j:plain

あと中肉中背ではないだろ

あれを中くらいだとしたら他の人間のスタイルはなんと表すんだ?

 

 

絶対ないと思うのはこの2つですかね

続いて残り3つについて吟味していきたいと思います

 

ナチュラ

ナチュラルって私スポーティーな服が似合う人だと思ってたんですけどシンプルな服が似合う人でスポーティーな体型ってことなんですね

 

ヒナちゃんってジャージ似合うと思うんすよ

メイキングのサイズ合ってないダサい私服は微妙だけどほんじゃにとか関パニで着てたジャージが結構似合っててその点ではナチュラルなのかなぁ?って

f:id:m1i1y2u0:20180328234859j:plain

でもシンプルな服装ってとこに引っかかるんですよねぇ

もしかしたら骨格の問題なのかもしれませんが、トップスは重ね着した方がオシャレに見える

逆に村マヨとかでも夏になると衣装がダサくなる印象が強いので

f:id:m1i1y2u0:20180328235115j:plain

 

f:id:m1i1y2u0:20180328235205j:plain

なんか服が少ないと貧相なんですよね

スポーティーなしっかりした体型か?って言われるとスポーツ得意だから惑わされがちですけど体型的にはかなり華奢だし

 

ヒナちゃんと骨格が同じだと思われるストレートな丸山さんとか渋谷さんとかだと結構Tシャツ1枚が似合いますよね

 

とりあえず次!

 

④ロマンス

身体にフィットしたものって上半身にも適用されるんですかね?

でもヘルシーなエロさというか、ロマンスって服を脱いでも実はそんなにエロくならないらしいです

f:id:m1i1y2u0:20180328235239j:plain

その点は結構合ってる気がする 

エロって倒錯性から生まれるところがあるから逆に裸が似合わない人の方が裸になった時エロく見えるらしい

確かにヒナちゃん着てるほうがエロい

でもそれはヒナちゃんがえげつなくスタイルのいいからでは?と思ったり

 

あとストレートにしてはスキニーやタンクトップが似合う

f:id:m1i1y2u0:20180328235349j:plain 

 

f:id:m1i1y2u0:20180328235529j:plain

どちらも身体にフィットしたものですよね

それに脚が長いのにロング丈のジャケットより短い丈のフィットしたアウターの方が似合う気がするのも合ってるのかな?

 

けど華やかなと大ぶりなアクセサリーがイマイチ引っかかってるんですよね

 

あ、でもヒナちゃん結構余った布があるほうが似合うと思うんですよ

 

腰にシャツ巻いたり、フードがあったり、襟があったり、あとドルマンスリーブ

f:id:m1i1y2u0:20180328235711j:plain

余った布があったほうがいいパーソナルデザインってどれなんですかね?

 

大ぶりなアクセサリーはそもそもアクセサリーをつけてるイメージがなさすぎて分からない…

パーソナルカラーがサマーだから多分キラキラしたものは似合わないけど

 

 

⑤ハイスタイル

明るい感じが当てはまるかなと

上に書いた余り布が、変化に富んだもの、小粋なものとして数えられるならハイスタイルに当てはまってるような気もします

 

ゴツすぎるものや地味なものが似合わないってのも何となくわかる

ゴツいもの着ると着られてる感が出るし、地味なものだと貧相に見えたり顔が浮いてる感じに見えたり

 

お、結構当てはまってるんじゃね?

 

村スポとか関ジャムとか音楽チャンプとか、形はフォーマルでも遊びのあるデザインの方が似合ってる気がします

 

f:id:m1i1y2u0:20180329000518j:plain

中はスーツでもファーを足したり

f:id:m1i1y2u0:20180329000629j:plain

あとハイスタイルの特徴に生き生きした目ってのが書いてあってそれも当てはまってるっしょ?

 

 

 

とりあえず5つに当てはめて考えてみるとハイスタイルっぽいですけどロマンスとハイスタイルの違いについて勉強不足なのでまた改めて考えれたらな、と思います

 

今のところ分かったことだけ

・上半身は着崩したもの、派手もしくは凝ったデザインや重ね着などが似合う

・下半身はフィットしたシンプルなものが似合う

 

以上

だれかパーソナルデザインに詳しい方いらっしゃいましたらコメントの方にお願いします

ジャニ勉 番協に参加した話

最近ブログの更新数が上がってる気がします

そのおかげなのか読者数が増えていて、こんな私の独り言に近いブログを読んでいただいている人がいらっしゃるのはありがたい限りです

 

今回はジャニ勉の番協に行ってきたのでその時のことを放送内容は触れられませんが、細かく書き記しておこうかと

 

主に番協での流れとメンバーの印象がメインになりますので、今後番協に行く誰かの役に立てば嬉しいです

 

 

まずは番協募集メールが来たのが2018年3月14日ホワイトデー

この頃はまだイフオア上演中でしたね

確かメールが来てすぐ応募した記憶がありますが、ほかの番協レポの方を見てもメールが来てから時間を置かずに応募した方が当たっている傾向があったのですがそういうもんなんですかね?

ジンクスくらいに思ってもらったら良いんですけど、すでにスケジュールが空いていてジャニ勉の番協に応募するなら早めに応募したほうがいいかもしれません

 

そして3月18日、イフオアの終了が告げられヒナちゃんを近くでゆっくり見られるのが番協くらいになったなぁ…、ジャニ勉当たったら良いなぁと思っていた頃

 

3月22日が当落発表やったんですけど、メールが来んかったんで外れてたと思ってたんですわ

ほんで23日にふと、2日間くらいメールが届いてないことに気づいて更新すると「ジャニ勉番協について」というメールが届いていることに気づく

 

この時はまず喜ぶよりも、

もしかしてこれメール返信とかなんかせんと当選にならんやつちゃうか?届いたの昨日の夕方っぽいけど期限切れてたらどうしよ…

という不安を抱えつつメールを開くと参加意思確認は3月26日までになっていてホッと一安心すると一転して若干のパニックに

 

マジで!?番協当たったん!?

 

わたわたしながら急いでJFCの参加意思確認のページに飛んでボタンを押し、何度もメールを読み込む

 

しかしこのメール文章が分かりにくい…

注意事項が多すぎて乱雑すぎてパニックになってるのもあって全然内容が入って来ないことに若干の不満を持ちつつメールと他の方の書かれた番協レポを読んで当日の流れを整理したのでここに書き残しておきます

 

集合場所、時間

1日に2、3本収録するそうなので午前だったりお昼だったり夕方だったり

私は1部だったんですが、中には春休みだからか九州から始発で来たとおっしゃっていた方もいました

カンテレのなんでもアリーナ集合となっていますが、カンテレにさえ入ればなんでもアリーナには確実にたどり着けるので安心してください

 

あと時間より早く着くなと書かれていますが30分前くらいなら大丈夫っぽい

エレベーター横にジャニ勉の大きいポスターもありますし、村マヨのポスターもあるので早めに来て写真をゆっくり撮っても良いと思います

f:id:m1i1y2u0:20180328210917j:plain

↑エレベーター横ジャニ勉パネル

 

f:id:m1i1y2u0:20180328210941j:plain

↑入り口横の村マヨ画像

ちなみに天満駅の方には商店街は一応ありますが、これといって時間を潰せるスペースは公園くらいしかありませんので、遠くから来た方は大阪駅で時間を潰すのがオススメ

最悪電車が止まったりしても大阪駅からなら徒歩で行けますから

 

大阪駅からはホワイティ梅田にさえたどり着ければそれほど難しい道でもありません

 

そして番協終了後はすぐにその場を離れて1駅以上進んでくださいとは言われていますが意外と普通にポスターの写真は撮れるので、集合前に撮れなくても大丈夫です

 

服装

肩出しと膝出しとロングスカートとヒール・サンダルが禁止と結構厳しいです

みなさんスニーカーにジーパンという方がろとんどで、足首が出る丈のスカートの方もいらっしゃいましたが、それでも注意されたという話を聞いたことがあるのでパンツの方が無難かな?

 

私はジーンズにスニーカー、ラベンダーのニットで行きました

メンカラの方が意外と少なくてイフオアが特殊な場所だったことを再確認しました

イフオアの紫率がやたら高い空間結構好きなんですけどね、メンカラ着てる方は7人でした

その中で青、赤、緑、オレンジ、黄と1人ずつメンカラの方がいる中、紫は私含めて2人いたのでやっぱりイフオアで鍛えられてる感は否めませんでした

黒はいたのかもしれないけど普段服なのかメンカラなのか分からなかった…

 

持ち物

・FC会員カード

名前書くのを忘れてる方が結構いたので気をつけてください

・身分証明書

FC登録の住所と名前が確認できるものってのがポイントです

学生証とかだと住所が書かれてない場合が多いので身分証明書が2枚はあると安心

あと顔写真、ガッツリ見られます

あんな顔写真と見比べられたの初めてでした

メガネを写真でかけてない方は外してと言われてたので、もし、私顔写真と今の顔がかけ離れてます!整形しました!などという方がいらっしゃいましたら気をつけてください

・承諾書

未成年の方のみですが、ジャニ勉番協は若い人が当たる確率が高くなってるのに加えて春休みで学生が多かったのか見た感じ7割くらいは未成年でした

FCのページにフォーマットがありますが、手書きでもプリントでも紙のサイズが違っても意外と大丈夫みたいです

スマホ

充電器も持って行くことをオススメします

参加者に送られてくるQRコードが必須なのですが、当選メールは確認すると書いてあったにも関わらず確認されませんでした

とりあえずQRコードは絶対に必要なので、もし心配ならプリントしておくと安心かもしれません

動く画面ではないのでスクショでも大丈夫だと思います

 

以上が持ち物

荷物を置くスペースが狭いのと膝に乗せられないので荷物を小さくする必要があります

最低限のものだけ持って行くのが良いと思いますが、そこそこ待ち時間があるので水分持って来ればよかったなぁとは思いました

緊張しますし

 

 

そして番協当日

地下鉄の方が止まる可能性が低いしカンテレまでも近いので扇町駅に行く予定だったのですが、まさかの阪急京都本線が遅れた影響で地下鉄にも遅れが…

(阪急と地下鉄は繋がってます)

 

というわけでJRで

天満駅からもカンテレは見えるので全く迷うこともなく地図を見ずにたどり着けました

f:id:m1i1y2u0:20180328211200j:plain

扇町公園からの桜とカンテレ

方向音痴でも商店街さえ抜ければ、周りに高い建物もないので見上げれば必ずカンテレは見つかります

 

早く着きすぎたので花見がてら扇町公園をウロウロしつつ、20分前にカンテレへ

その頃にはもうすでに列が出来ていたので花見の必要なかったなぁ…と

まぁちょうど満開だったし良しとする

f:id:m1i1y2u0:20180328211249j:plain

↑結構広くて綺麗な公園、扇町公園

ジャニ勉と村マヨのポスターのある廊下に番号順に並びます

この写真は撮れなかった…

誘導があるわけではないので前後の方と番号を確認しあって自分たちで並ぶという、少し人見知りの方にはコミュ力が試される場所だったりするのかも

 

そのあと係の人に番号順2列に並べられてQRコード、会員番号、住所と名前の確認になりますが、これがめちゃくちゃ時間がかかる

 

多分1時間くらい待ったんじゃないかな…?

 

そして入場札を渡されて左胸につけたらスマホの電源を切っていよいよなんでもアリーナの中へ

見慣れたセットがあってどの席でもかなり近いのでめちゃくちゃ緊張します

番号順に下手から並んで座っていって私は4列目あたりの上手側でした

収録中はハンカチや上着を膝に置いたり出来ないので全て足元へ

 

案内の女の人が

「めっちゃ緊張した顔してますねぇ笑、客席も映るんでニッコリですよ!いつもテレビ見てる時の10倍20倍大きいリアクションしてくださいね、でも私語はNGです。」

という感じでわりと明るく喋ってくれます

 

しかしセットが近くてそれどころではない

 

そのあと前説で

「セットのあそこの穴から関ジャニのメンバーが出てきます!カーテンの裏を通るんでメンバーが来るときはザワザワが聞こえますよ」

といってバーの後ろにある入り口を指すADさん

 

穴??と思いながらも中々この人の話が面白かったので少しほぐれました

 

メンバーが登場した時の拍手を練習したり、えー?とおぉー!の練習をしたりしていると本当にカーテンの裏がザワザワしだして客席もザワザワします

 

AD「全然誰も俺のこと見てないやん!」

というツッコミに笑いつつ気が気ではなく、テレビでよく聞く

関ジャニ∞さん入られまーす!」

という言葉とともに錦戸さん渋谷さん横山さん丸山さんが入ってきます

そしてしばらくすると大倉さん安田さん村上さんが登場

大倉さんが観覧の客を舐め回すように、というかまんべんなく見ていてヒエッて変な声出そうになりました

 

全員が入るまでセットのところに正面を向いてメンバーが立ってるのでかなり近い

ヒナちゃんが一番最後で入ると続いて

「本日のゲスト○○さん、××さんでーす!」

という言葉とともにゲストさんが入られて着席します

 

丸山さんが何やらマイクオフの状態で客席に向かって独り言のように喋ってましたけど全然聞き取れなかった…

 

「それでは6月○日分の収録始めます、3、2、1、」

と結構すぐに収録が始まります

 

スタジオに喋ってる人がいるのに上手側のスピーカーから声が聞こえてくるから不思議な感じ

 

ゲストさんから客席に同意を求める場面が何回かあって、その時はメンバー全員が客席の方を見るのでうげってなります

狭い空間に7人もイケメンが揃うと、喜ぶ前に怖気付いてしまう自分が少し悲しい…

 

ある話の中で大倉さんが番協を見て

「全員スニーカーやんけ」

と吐き捨てたのがちょっと怖かった

リアルイケメンに若干強く言われると私が怖くなってしまうだけで大倉さんはいつもの毒舌って感じだったんですけどね

 

ていうか大倉さんの一言一言がめちゃくちゃ面白かったです

 

客席用にモニターが4つ、タレント用にモニターが2つあります

客席用モニターのうち2つはVTRを表示するもので、残り2つはスタジオを映しています

 

個人的にVTR中にワイプ映像を撮るためにVTRが始まる瞬間、一気にコロコロ式のカメラが4台集まってくるのが面白かったです

 

メンバーとワイプを大画面で見ることのできる贅沢な時間

ワイプの画面を視界に入れつつヒナちゃんを観察していて、ワイプにヒナちゃんが映ったらそっちに視線を移すということをしていたのでVTR全然見てませんでした

 

番組に協力できてなくてすいません…

 

口ぷくぅと片手頬杖がバリくそ可愛くて可愛かったです

 

そして大倉さん観覧客に話しかけるようにVTRに対するツッコミを入れる大倉さんにさっきの怖さからのギャップもあって恋に落ちかける

 

イケメンってズルい…

ていうか大倉さんみたいな自分をイケメンだと把握しつつ女子の心を弄ぶイケメンって学年に1人はいたよね

そこらの学校にいるイケメンのレベルではないけど

 

途中で上手側の上の壁に時計があったのかチラッと上目遣い的な流し目的な感じで確認するヒナちゃん

顔が可愛すぎて目がデカすぎてうげって奇声が出そうになったのを我慢

 

そして1時間くらいするとゲストさんに

雛「そろそろ時間ですけど今日はいかがでした?」

みたいな感じで締めに入るヒナちゃん

AD「本日のゲスト○○さん、××さんでしたー!」

って感じでゲストさんが帰っていくとすぐにメンバーが立ち上がって指差し道へ

 

ちなみにヒナちゃんが立ち上がると座高から想像していた身長よりだいぶ高くて、脚が長すぎてビビりました

大体人間って座高から身長を推察する能力って誰にでも備わってるじゃないですか

ほんでもってヒナちゃんって座高低いだけじゃなく、マジで童顔で顔がえげつなく可愛いのに加えてテレビで見たまんまのわたわたしたジェスチャーをするので大分身長が低く見えるんですよ

記憶では170cmだと分かっていても、脳が勝手に160cmくらいだと思い込んじゃうから、立ち上がった時の10cmの誤差に脳が混乱しだすんですよね

 

あとお尻がデカイ

太ってるとかじゃなくて、むしろ細いしスタイルいいし脚長いしウエストも細いけどお尻がデカイ

 

指差し道のスペースに移動するときに初めて立ち上がった後ろ姿を見たんですけど、ジャケットの裾が完全にお尻に乗ってしまってるしお尻がまん丸やしデカイ

f:id:m1i1y2u0:20180328211719j:plain

↑ジャケットがお尻に乗るのイメージ画像

ぐふっと言いそうになったのを堪えながらヒナちゃんのお尻を見つめる変態

 

あれすぐジャケットダメになりそうだよね

まだ1本目の収録だったのにお尻に裾が乗るからジャケットめっちゃシワついてたしウエストとお尻に差があるとそういう悩みが発生するんだなぁ…と考えながら

 

そして収録が終わり、関西Walkerの取材に答える2人以外がマイクを返して上手側出口に去っていく

ヒナちゃんが一番はけるのが早くて丸山さんと横山さんは結構ガッツリ番協に絡んでから去って行きました

 

大倉さん安田さんは客席に手を振りながらヒナちゃんに続いてはけていく

その3人をみんなが目で追ってる中、丸山さんも客席に手を振りながらはけようとするも

「全然みんな僕の方見てへんやん」

と笑いながら客席全体に手を振って帰っていかはりました

さすがファンサ王子

 

そして横山さん、私の2列前くらいにいた人に何かを話しかけて手を伸ばして去って行きました

コイツも自分をイケメンだと把握してるタイプのクラスの1軍系男子だな…と

 

 

マジでイケメンってすげえよな

目と心の保養

なんか元気になりました

 

 

大体の流れは書いたのでメンバーごとの印象でも最後に書いとこうかな

こんなに近くで7人を長い時間見ることもないのでせっかくだし

 

横山さん

とりあえず芸能人オーラがすごい

ガタイが良いのとタッパがあるのもあって圧がすごい

多分街で見かけたら逃げる

メンバーの中で一番ザ・芸能人って感じのオーラがありました(ちなみにオーラの色は例えるならロイヤルブルー)

そして分かると思いますけど笑い声が独特でスタジオに響き渡る

一言で言うなら

「天邪鬼な柄の悪い王子様」

絶対クラスにいたら一番モテていつも一軍男子のトップにいるタイプの人

 

渋谷さん

とにかく喋らない動かない

なんかそういうフィギュアかな?みたいな

渋谷すばるそのまんまテレビから出てきた感じ

 

自担は最後に回します

丸山さん

とにかくイケメンなんです

明るい優しい面白いカッコいい、しかもたまにブラックな丸山さんが登場するのもまたギャップがあって丸山さんに足りないものを教えてほしい

同じくガタイも良くてタッパもあるのでやっぱりオーラがあります

髪型がそんなに好きな感じじゃなかったんですけど、それでもめちゃくちゃカッコいい

カッコイイしか言えない

大山田と横山さん、4人ともなんすけど愛想があるイケメンってヤバイと思う

爆モテ街道まっしぐら

 

安田さん

正直失礼ですけど、安田さんってめちゃくちゃイケメンって感じの顔ではないじゃないですか

そりゃもちろんアイドルでやっていけるくらいのイケメンであるという前提ではありますよ

 

なのにオーラがハンパない

 

客席をチラッと見た瞬間の安田さんが

「イケメンです」って感じの何かを纏っていてひれ伏した

雰囲気イケメンならぬオーライケメン

全人類がひれ伏した

 

私が芸能人オーラあるなぁと思ったのは大山田と横山さんなんですけど安田さん以外の3人ってやっぱ身長高いしガタイもいいしその圧もあると思うんですけど、安田さん全然身長が一番低いように全く見えない

 

ギラッギラしてました

 

錦戸さん

同じくテレビから錦戸亮がそのまんま出てきた感じでした 

にしても彫りが深いというか顔が濃いというか立体的というか、6人とは違うジャンルのイケメンだった気がします

渋谷さんと錦戸さんって顔とかじゃなくて雰囲気がなんか似てました

あと錦戸さん思ったより喋る、動く

 

大倉さん

普通に観覧客に話しかけるしイケメンだし毒あるけど面白いし油断すると恋に落ちる

オーラもあるけどシンプルに大きい

プラス顔が小さい

番協で一番好感を持ったのが大倉さんかな

とりあえずさっきからこれしか言ってないけどイケメン、死ぬほどイケメン

 

大倉さんに対してこれだけしか語彙が出てこないのが残念なくらいイケメンだったんです

ありゃあ油断するとリア恋

 

さてさて最後に自担について述べて終わろうかな

 

村上さん

驚くほどに顔が可愛い

私いつも言ってるから全然説得力ないと思うんですけど、贔屓目抜きにしてもパッと顔を見たときに「あ、可愛い」ってなるタイプの顔をしてるんですよ

村上さんも他6人とは違うジャンルな気がしました

色で表すなら他6人が原色なのに対して村上さんだけパステルカラーみたいな

例えるならコットンキャンディ

f:id:m1i1y2u0:20180328212257j:plain

↑わたあめイメージ

ふわふわしてるしきゅるんきゅるんだし、まばたきするたびに星型のミルクカラーのトッピングシュガーが落ちる感じ

f:id:m1i1y2u0:20180328212315j:plain

↑トッピングシュガーイメージ

 

なんかとにかくスイーツだった

 

多分ヒナちゃん以外のメンバーってジャニーズには珍しく大人顔なんですよね

安田さんもどちらかというと童顔だとは思うけどそれを上回るイケメンオーラが出てるし

ダークなカラーのスーツを着てるはずなのにパステルのふわふわを身に纏ってるような人だったのでビビりました

 

顔が可愛すぎて引くっていう新たな体験

 

ちなみに芸能人オーラは7人の中でも飛び抜けてなかったです笑

よく目撃情報でも「オーラなかった」って言われてるもんね笑

みなさん6人とも割と濃いオーラ、強いオーラを纏ってる感じでビビるんですけど村上さんはなんかふわふわしてました

「ひなちゃん」って感じ

 

あと声が高い

スピーカーから聞こえてくる声が高くて知ってたのにちょっとビックリしました

ていうかあのふわんふわんな顔からあのよく通るハキハキした真っ直ぐな声が出てくるのが不思議すぎて腹話術みたいでした

 

そしてジェスチャーというか動きが大きくて、何回も立ち上がって笑ったり椅子に転がったりぱたぱた手を動かしたりしててテレビで見るまんまの動き

ヒナちゃんジェスチャーがめちゃくちゃ可愛かったです

 

収録中は常にいつも見る村上信五って感じでしたけど、収録が終わるとお疲れなのかすぐにスイッチオフになる感じで収録中とそれ以外の時間の差が一番すごかったです

 

これがいつもなのか今日だけなのかは分からないけど結構意外だったかも

 

 

というわけでこれでレポは以上です

 

にしてもヒナちゃん顔が可愛かった

 

関風ファイティングでボロボロに泣いた話

http://www.kansou-blog.jp/entry/2018/03/22/173714

突然、この前「関ジャニ∞『関風ファイティング』は男にこそ聞いてほしい」というブログが回ってきた

それが上のリンクだ

 

初めて読んだ時は

まぁ確かにここまで男の無様な恋愛を歌うジャニーズグループって少ないよね

ドラゴンって振られた男を励ましに関ジャニ∞が明るくバカやってる隠喩だったのか!

とかまぁ特に特別な感情を抱くこともなく私も関風ファイティング好きだなーくらいに思っていた

 

 

それが3月22日木曜日の夕方の出来事

 

 

まさかそこからその日のうちに私が関風ファイティングを深夜に聞いてベッドで引くほど泣くことになるとは予想もしていなかった

 

その夜はレコメン村上信五卒業SP前編でヨコヒナ時代のレコメンでの出来事について振り返り、12時半からはゲストとして横山が登場した

 

http://kibi.hatenablog.com/entry/2018/03/23/020433

その時の私の感情に関しては上にリンクを貼った昨日の記事で詳しく綴ったので要約させてもらうと、恋敵横山に敗れて私は失恋した

 

ヒナちゃんの王子様になりたかった私はなれないことを悟った

 

簡潔に言うならば、振られた男の気分を嫌という程味わうことになったのだ

そこから深夜2時、ブログを書き終えた後にふと夕方に読んだ関風ファイティングの記事を思い出してレコメンのままスマホに差していたイヤホンを耳につけて関風ファイティングを聴くことにした

 

 

(你好)(謝謝)

笑っチャイナ 笑っチャイナ 笑っチャイナ 笑っチャイナ

 

振られたら笑っチャイナよ

ご縁がなかったと思っチャイナよ

クヨクヨするヤツはツキが逃げる

案外世の中そんなもんさ

 

一度きりの人生さ

悔いのないように生きようよ

経験はいつだって 無駄にはならない

 

恋に破れて 涙ポロポロチャイナタウン

情けないね 寂しいひとりの男さ

 

ドラゴンが舞い降りて ドラゴンが踊り出す

ドラゴンが火を吹いた

燃えろ 関風ファイティング

 

歌っチャイナ 歌っチャイナ 歌っチャイナ 歌っチャイナ

 

悲しい時 歌っチャイナよ

失恋ソングで感じチャイナよ

泣くだけ泣いちゃえば サッパリするよ

案外未来は 明るいもんさ

 

夢見る力さえあれば 

叶える力湧いてくる

気合い入れて繰り出そう 元気を出しなよ

 

恋に疲れて 心ボロボロチャイナタウン

かっこ悪いね 迷える孤独な男さ

 

ドラゴンが舞い降りて ドラゴンが踊り出す

ドラゴンが火を吹いた

燃えろ関風ファイティング

 

(踊っチャイナ)(空が晴れたら)

(乗っチャイナ)(やぶぅ→れかぶれで)

(歌っチャイナ)(元気がない時)

(笑っチャイナ)(ポジティブ気分で)

(踊っチャイナ)(イヤゃ)

(乗っチャイナ)(イェイイェイイェイ)

(笑っチャイナ)(アハハ)

(歌っチャイナ)(ハァーァー)

 

恋に破れて 涙ポロポロチャイナタウン

情けないね 寂しいひとりの男さ

 

ドラゴンが舞い降りて ドラゴンが踊り出す

ドラゴンが火を吹いた

燃えろ関風ファイティング

 

(謝謝)(再見)

 

 

まず、「ご縁がなかったと思っちゃいなよ」で私は既に泣きそうになってた

ヒナちゃんと私にご縁もクソもない

あと個人的に「一度きりの人生さ、悔いのないように生きようよ」が言い方は違うが同じような「明日死ぬつもりで生きる」が私のモットーだったので一気に感情が入ってしまった

 

からの「経験はいつだって無駄にはならない」

 

ここで深夜2時過ぎにこんな泣くか?ってくらい鼻ズルズルになりながらボロッボロ泣いた

ヒナちゃんに恐らく何十万というお金を使ってきたけどそれが無駄だったかと問われれば何年後に同じ質問をされても「無駄じゃなかった」と答えると思う

ヒナちゃんのおかげで知ったことやできるようになったことや新しい考え方をたくさん手に入れて、たとえそれが最初から叶わぬ恋だったとしても無駄ではなかった

 

これだけ最初の方でもう忘れた方がええで的な励まし方をしてきたくせにこのセリフがズルすぎて泣いた

どんだけ失恋した人間の気持ちをわかってんねん、すげえな…

 

「情けないね 寂しいひとりの男さ」

アイドルに恋した自分がバカバカしくて情けなかったのを肯定してくれたような気がした

 

「寂しい時歌っちゃいなよ、失恋ソングで感じちゃいなよ」があまりにも今の自分の状況で見透かされてるような気分になった

この曲、私にぴったりすぎる…

 

「泣くだけ泣いちゃえばサッパリするよ」のところで再び大号泣

もうこの関風ファイティング、失恋の励まし方としてはお手本級だと思う

 

ていうか1番で「案外世の中そんなもんさ」って諦めさせてくれたくせに、2番では「案外未来は明るいもんさ」と励ましてくれるところにグッときた

単に忘れちゃえっていうだけなら簡単なのに全部こんな短い数分の間の歌詞で受け止めて励ましてくれた

 

「恋に疲れて心ボロボロ」を2番サビで入れてきたところでもうこの作詞家天才だなと泣きながら頭の中では冷静に感心していた

ここまでの励まし方とは打って変わってお疲れ様って言われた気がしてまた泣いた

正直ずっと泣いてた

恋って楽しいところ、甘酸っぱいところだけがフューチャーされがちだけど、それ以上に体力も精神力も削がれていくし心はボロボロだった

「恋愛は体力がないとできない」と何度も友達に語っていた私としては自分にそうやって返って来るとは思ってもなかった

 

「かっこ悪いね 迷える孤独な男さ」

自分のことを情けない、かっこ悪いと思ってたのを全部言ってくれるっていう

しかもちょっとカッコよく言ってくれた

もう本当にMASAさん(作詞家)天才すぎると思う

 

 

からの最後の

謝謝、再見(ありがとう、さようなら)

2回ありがとうと言ってるとこがもうすごい

別に振られたからってその人のことをすっぱり諦められるわけでも嫌いになるわけでもなくて好きって気持ちはまだまだ残ってるわけです

最初と最後で謝謝を2回言ってるところが本当に恋に破れた男心をよく分かってると思う

 

 

さて、まぁここまでは普通の振られた男ならある程度共感できると思う

 

ただし思い出して欲しい

これを歌ってるのは関ジャニ∞なわけだ

一般的な振られた男からすれば関ジャニ∞が明るく励ましてくれるイメージなのかもしれないが、その内の2人は私からすれば

 

村上信五(好きになった人)

横山裕(自分が敗れたライバル)

 

なのだ

 

正直、関風ファイティングをここまで複雑な気持ちで聞いた人は地球上で私が初めてだと思う

 

失恋したのを、好きな人と失恋させたライバルに励まされるという不思議な状況

しかも私がグッときたと言っていた謝謝と再見を言っているのは横山だ

 

歌詞には関係なかったから言わなかったが、「舞い降りて」のヒナちゃんの声でも号泣した

 

 

イフオアの閉幕についての感想の記事を出すのを忘れていたのだが、そちらも合わせて読んでいただけると私の心境の変化が分かると思う

この時は完全にヒナちゃんに夢中な時

https://t.co/DzqCRDyvIR

時系列としてはこれを一番最初に投稿すべきだったのだが…

 

 

例えるなら私にとってのイフオアの閉幕とレコメンへの思いは、いい感じだと思っていた女の子に振られて、その4日後に彼氏とイチャイチャしてる様子を見せられた男の気分だろうか

 

ほんと、横山が来た時のヒナちゃんの嬉しそうな声が忘れられない、しんどい

 

 

とりあえず関風ファイティングはただのチャイナチャイナ言ってる曲ではなかった

もし男友達が失恋してたらこの曲をそっと聴かせてあげることにする

 

 

 

進むための別れ 〜イフオアに想いを馳せる〜

10年間続いたイフオアが一度幕を閉じる形になりましたね

実はこの記事、結構イフオア終わってすぐに書いたものなのでレコメンより前になります

まぁでも下書きしたのを投稿しないのもなんなので一応自分用メモとして投稿しておきます

 

イフオアⅨの時にはヒナちゃんが前向きに楽しそうにⅩやⅪの値段の話をしていたので来年もあるんだろうなと思っていましたが、Ⅹの時にカテコから来年の話が消えて何か隙間を埋めるように勢いよく喋ってるヒナちゃんの姿を見て

 

あぁ、今年で最後なんだな

 

と思いました

 内容的にもオープニングやグッズでも10年間の集大成であることが分かってました

 

まさか本当に終わってしまうとは信じられなかったけど、虫の知らせだったのか今年は行けるだけ行かなきゃ後悔する、という焦燥感と不安感に駆られていました

 

全体の雰囲気から終わることを感じ取っていたのかもしれません

 

 

でも実際に終わってみると、なんとなく分かっていたのに受け入れられなくて悲しすぎて不思議と笑えてきました

なんだか生きる目的を失ったみたいで脱力してしまって、別に引退するわけじゃないのに

 

そこで自分の気持ちをツイートしつつ整理していたのですが、なんとなく分かってきたのでブログに綴ります

 

 

恐らくこの感情の原因は

イフオアが特別な場所すぎたこと

 

 

イフオアに行ったことがある方なら分かってもらえるかもしれませんがコンサートやテレビの村上信五とは全然別の人物なんです

 

村上信五が本当はどんな人物かなんて一ファンが語るのはおこがましいですけどここからは私の寝言だと思って聞いてください

 

ヒナちゃんってすごく不器用で寂しがり屋で自信がなくて内気で優しい人だと思うんです

 

でもきっとこれを言ったら大多数の"関ジャニ∞村上信五"しか知らない人は首をかしげると思います

たまにメイキングなどでうっすらとその影をのぞかせることはあれどほとんどの場合そんな"ヒナちゃん"は巧妙に隠されていて気づかれることは少ないです

 

私はイフオアに行くまでは"ヒナちゃん"が村上信五の中身だなんて思ってました

(全部村上信五だろっていうのは置いといて)

 

でも自信がないヒナちゃんでも恐らく唯一自分を全肯定してくれる人だけが集まっている空間だと認識していたのがイフオアだったんだと思います

だからイフオアの村上信五はヒナちゃんより少し自信ありげであざとくて寂しがり屋のかまってちゃんでちょっぴりワガママだったんです

 

ちなみにそんなイフオアでの村上信五を私は「姫」とお呼びしてるんですけどね笑

 

姫が演じるキャラクターはどれも愛らしくて自信たっぷりで魅力的なんです

 

コンサートのどこか遠慮した大人しい押しの弱いヒナちゃんとも、それを隠すポジティブキングな村上くんとも、また違った人だと思わせるくらいに

 

私が悲しいのはそんな姫にお会いできる場がなくなってしまうこと

残念ながらコンサートでは姫に会えない

 

きっとヒナちゃんがカッコつけて、かわいこぶって、他のファンやメンバーに笑われることをとても怖がっているから

臆病なヒナちゃんの奥にいる姫はとても繊細で少しでも笑う人がいれば出てきてくれない気がする

 

イフオアという場であっても何でも笑う傾向の強い大阪のブリーゼよりは素直に観客が悲鳴を漏らす東京グローブ座の方が姫の出現確率が高いです

なんとなく姫って昔のJr.時代の村上信五くんの面影が濃く残っててアラフォーだとは思えなくて10代のようなピュアさが残ってるんですよ

 

もしそんな姫がコンサートにも現れてくれるなら私はイフオアが終わることを惜しみつつも見送れると思います

 

でもこれが姫とのお別れであるならいつまでもイフオアに執着してしまうに違いない

 

レコメンで「自分はいじられキャラだけどたまに嫌ないじられ方があってその対応をどうすればよいか」という内容の相談メールに対してヒナちゃんが漏らした「むずかしい…」という言葉がずっと心に引っかかっています

 

いじりの文化って特に大阪は強くて不快になることが多々あります

臆病なヒナちゃんがそんないじりに耐え続けるために"村上"という鎧を自ら手にしてヒナちゃんや姫を封印したんだと思うとやりきれません

 

関ジャニ∞の村上ではなくヒナちゃんが見れる場所が私には必要でした、今でも必要です

 

でもそんな場所の幕が閉じられました

それは私にとって姫の無期限活動休止が伝えられたような悲しみ

 

そんなヒナちゃんという部分を守ってきた"村上"も村上信五のファンなら好きになるべきなのかもしれません

 

でも私はいつもどこか鎧の隙間からヒナちゃんに会えやしないかと期待してしまう

 

そんな鎧を外してくれる場所が終わった

 

 

そういう悲しみだということが分かりました

 

信右衛門のストーリーのオープニング曲はアニマルマジックでエンディング曲は戦場のメリークリスマスですが、イフオアⅩのエンディングの曲は今です

27時間テレビのテーマソングで元々思い入れ深かった曲ではありますが、歌詞を改めて見て泣きそうになりました

 

 

いつまでもここに居たいんだけれど

旅立つ夢を見てしまったことが

あなたに祈りを捧げるよ

さよならまたいつか、会うまで

 

夢を見たから 夢の中から 

手を伸ばし君の手のひら繋いだ

いつか目の前たどり着けたら

くだらないことで笑える頃かな

未来を作る今、今、今

 

 

なんて明るくて寂しい曲なんだろう、と

普段歌詞を聞かない私ですが改めて歌詞を見て心に深く刺さってきました

 

「いつまでもここに居たいけど旅立つ夢を見てしまった」という歌い出しからイフオアという場所を終わらせたヒナちゃんに重ねずにはいられない

しかもこの閉幕はヒナちゃんにとっては新しい仕事に繋がるかもしれないプラスな出来事なんですけど、それを「いつまでもここに居たい」と思ってくれてるかな?なんて考えたりして

 

重いファンですね笑

 

「さよなら、またいつか会うまで」

ヒナちゃんはいつか戻って来てくれると言っていますから、きっとまた姫に会えると信じてます

 

でも、本当のことを言うなら私は37歳の姫も38歳の姫もこの目に焼き付けたかった

東京オリンピックまでの2年間は短いようで私には長すぎる

2年の間に姫の姿は少なからず変わるだろうと思うとものすごく惜しい

 

「いつか目の前たどり着けたら、くだらないことで笑い合えるかな」

囲み取材でも東京オリンピックと紅白の司会を目指して、と言ってるのを聞いてやっぱりこれは始まりの終わりなんだな、って

高校を卒業して新しく大学生活がスタートする時のような終わりなんですよね

イフオアが3月という季節に終わることも含めて

 

そこにたどり着けたらまた戻ってきて笑い合えるんでしょうかね?

 

そんなことを書いてたら泣けてきましたわ笑

まだ今日まで泣いたことはなかったんですけど今結構うぐうぐなってます笑

 

 

門出の別れってどうしても祝福しないといけないような気がして、また違ったつらさがあります

 

 

それにしても本当にヒナちゃんって罪な人

こうやって私はまたヒナちゃんを理解してると思い込んで、ヒナちゃんには私が必要だと思い込まされて依存してしまう

本当はヒナちゃんに私なんて必要ないんですけど、まだ今はそう思い込ませてください

可愛い子に騙されるのも意外と悪くないので

 

千秋楽のちょっと前に「ヒナちゃんはダメ男製造機だ」っていうツイートをしたんですけどほんと、まんまと製造されてます笑

 

鎧で全て覆い隠してくれればいいのに、弱い部分を覗かせるから放っとけない、ズルイ

 

まだ今は姫の騎士として仕えさせてください

姫にはしばらく会えないかもしれないけど、また戻ってきてくれると信じてます